美肌効果の食べ物や美容にいい食べ方!乾燥肌にはビタミンE摂取!

一般的に美肌に効果があると言われている食べ物でも、実はあまり効果が期待できないものもあります。

また、摂取量が適量であれば美容にいいものでも、ついつい食べ過ぎてしまって効果が得られない場合もあります。

今回の記事では、美肌効果が期待できる食べ物や美容にいい食べ方などを紹介します。

ついついやってしまいがちな美容的NG行動についても合わせてチェックしてください。



Sponsored Links





本当にコラーゲン摂取で美肌になるのか?

一般的にコラーゲン摂取は、美肌効果が期待できると言われていますが、実は、美肌のためにコラーゲンを積極的に摂取することは、必ずしも有効とは限らない。

コラーゲンを摂取すると、消化の過程でアミノ酸に分解されてしまうので、コラーゲン自体がピンポイントでお肌に行くかどうかは分からない。

そのため美肌のためにコラーゲンをたくさん摂っても、直接結びつかないと考えられます。



美肌-効果-食べ物-美容にいい-食べ方-乾燥肌-ビタミンE-摂取-ナッツ画像

ナッツやドライフルーツの食べ過ぎに注意!

美容にいいと言われるナッツやドライフルーツなどの食べ物を頻繁に食べることは、あまり良い効果が得られない場合があります。

ナッツやドライフルーツは、栄養価がとても高く美容・健康に良さそうですが、栄養価が高いということは同時にカロリーも高い。

適量であれば問題ありませんが、小腹が空いたからといって頻繁に食べてしまうと、カロリーオーバーになってしまうことがあります。

小腹が空いた時に食べる適量は2、3粒程度にとどめておくことが良い食べ方と言えます。



Sponsored Links





美肌のためにおすすめのフルーツ

美肌のためにおすすめする食べ物はキウイです。

キウイには、美肌ビタミンと言われているビタミンA・C・Eが豊富に含まれています。

さらに、キウイには、腸内環境を整えるために有効な食物繊維や、むくみ解消に役立つカリウム、強い抗酸化作用で細胞を老けさせないポリフェノールなど、女性に嬉しい成分が豊富に含まれています。

その他にも、ビタミンCを豊富に含んでいるレモンやミカンなどもおすすめですが、美肌に効果を発揮するビタミン類がバランスよく含まれているという意味で、キウイがおすすめです。

キウイには、ビタミンB群の一種である葉酸が含まれています。

葉酸は、皮膚の粘膜を強化したり、新しい細胞の生成に役立ったり、美肌のためにとても良い成分です。

美肌効果が期待できる葉酸が、キウイにはミカンの約1.6倍も多く含まれています。



美肌-効果-食べ物-美容にいい-食べ方-乾燥肌-ビタミンE-摂取-キウイ画像

甘い物は食後に食べると良い

甘い物を食べると血糖値が上昇してしまいます。

甘い食べ物をとるなら食後に食べたほうが、血糖値の急上昇を抑えられるという効果があります。

お腹が空いた時に甘い物を食べると、ブドウ糖が体の中に急激に入っていき、血糖値が急上昇してしまいます。

すると血糖値を下げるホルモンのインスリンが分泌されます。

インスリンには、その他にも中性脂肪を作る働きもあるので、過剰に分泌されると余ったインスリンが中性脂肪を作ってしまうのです。

このようなことを抑えるためにも、甘い物を食後に食べるほうが脂肪になりにくい食べ方です。


冬はビタミンEを摂取が大切!

お肌の状態は季節によって異なるので、美容のためには、その季節に応じて必要な栄養素を摂取する必要があります。

特に冬はお肌が乾燥し、血行も悪くなるので、ビタミンEの豊富な食品を意識してとると良いでしょう。

ビタミンEは、若返りビタミンとも呼ばれ、お肌のバリア機能を高めたり、血行促進したり、乾燥肌対策に役立ちます。

ビタミンEを多く含む食べ物は、カボチャ、ブロッコリー、牡蠣、大豆、アボカドなどです。

こららの食べ物を普段から意識して食べるようにしましょう。

 
大人ニキビ対策サプリメントはこちらです。
サン・クラルテ製薬「緑の知恵」

美肌効果の食べ物や美容にいい食べ方!乾燥肌にはビタミンE摂取!



Sponsored Links





おすすめの記事

柚子胡椒の作り方は簡単!保存方法と賞味期限を紹介!

内臓脂肪と皮下脂肪の違いや見分け方とは?生活習慣病との関係について紹介!

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?

体が熱い!(熱はない・生理前・妊娠初期症状・だるい・病気)女性と男性で熱はないのに体が熱いそれぞれの原因とは?

鎖骨の下が痛い!(右側・左側・真ん中・リンパ・しこり・腫れ・肩こり)息苦しい!呼吸困難を伴う病気とは?