日焼け止めの選び方と塗り方!顔のシミ対策は頬にクリーム重ね塗りで紫外線をブロック!

シミができる・・・毛穴が開く、詰まる・・・メイクがくずれる・・・

暑い夏の季節は、紫外線や汗で肌トラブルが起こりやすい。

今回の記事では、夏の肌トラブルの解決法ついて紹介します。



Sponsored Links





主な肌老化の原因は紫外線

お肌のシミは、実は皮膚の防衛反応で、紫外線があたると細胞が傷付いてしまうと困るので、まるで日傘をさすようにメラニン色素というものを細胞の核に沈着していきます。

紫外線があまりにも強いと、細胞を守るためにメラニン色素も多くなっていくわけです。

通常は、メラニン色素がでてもしばらくして排出されるのですが、加齢とともに新陳代謝が低下して、メラニン色素が排出されずに細胞内に留まってしまう。

この沈着したメラニン色素が、お肌にできるシミなのです。

メラニン色素は、私たちの皮膚を守ってくれる重要な役割があるのですが、ずっと沈着してしまうと美容のためには困る。

一度できてしまったシミは、なかなか消すことができない。

消えないシミは、老人性色素斑という病名がついているので、どうしても消したい場合は、医療機関で治療して薄くしていくことになります。

ですから、シミができる前に紫外線対策が大切になります。



日焼け止め-選び方-塗り方-顔-シミ-対策-頬-クリーム-重ね塗り-紫外線-女性-画像

日焼け止めで紫外線対策!

シミを予防するためには、日焼け止めを塗ることが効果的ですが、実は日焼け止めを正しく使っていない女性も少なくありません。

皮膚のタイプによって、日焼けしても黒くなって終わるタイプと、真っ赤に腫れてしまうタイプがあるので、皮膚の健康状態を考えると男性でも日焼け止めを塗るほうが良い。



Sponsored Links





<日焼け止めの選び方>

日焼け止めには様々な種類があり、主に「スプレータイプ」「乳液タイプ」「クリームタイプ」の3つに分けられます。

粘度があるクリームタイプのほうが汗をかいても落ちずらいと言われています。

特に焼きたくない顔の部分の日焼け対策には、クリームタイプをおすすめします。

紫外線には、A波とB波があって、紫外線のA波は波長が長くて皮膚の奥(真皮)まで入り込み、シワやたるみを引き起こします。

一方、紫外線のB波は波長が短いため、皮膚の表面付近(表皮)に留まり、日焼けとシミを引き起こす原因になります。

日焼け止めの「SPF」は、B波をブロックするものになります。

日焼け止めの「PA」は、A波をブロックするものになります。

たとえば、SPF50プラスだったら、B波をブロックするための数値が50よりちょっと多いという意味になります。

この50という数字は、紫外線をブロックする時間を表しています。

人は20分ほど紫外線にあたると日焼けしてしまうと言われているので、SPF1を20分としてSPF50はその50倍の時間を紫外線から守ってくれるという意味になります。

近所に買い物に行く程度だったら数値が低め、長時間外出するのであれば数値が高めのものを使用することが、日焼け止めの選び方のポイントです。

日本ではPAが4段階に分けられていて、「+」が多いほどA波をブロックする効果が高いことを意味しています。



日焼け止め-選び方-塗り方-顔-シミ-対策-頬-クリーム-重ね塗り-紫外線-画像

<日焼け止めの塗り方>

日焼け止めクリームを手にとって、そのまま顔に塗っていまうと、塗りむらができやすい。

塗りむらは、日焼けの原因になるので、日焼け止めクリームは均一に塗ることが大切です。

メイク用のスポンジを使って日焼け止めクリームを塗ると、均一に塗ることができます。

スポンジに日焼け止めクリームを馴染ませてから、顔に軽くタッピングしながら塗っていきます。

顔全体に塗れたら、今度はシミができやすい頬骨部分にもう一度、スポンジを使って日焼け止めクリームを重ね塗りしていきます。

頬骨部分の皮膚には油分が少ないため、紫外線の影響を受けやすいので、しっかり重ね塗りをしてブロックするのが日焼け止めの塗り方のポイントです。

顔ばかりに集中せずに、耳や首、鼻の下など、塗り忘れのないように注意しましょう。

日焼け止めの選び方と塗り方!顔のシミ対策は頬にクリーム重ね塗りで紫外線をブロック!



Sponsored Links





おすすめの記事

ケールの効果で老化対策!肝臓や脳に与える効能とは?

足の爪が痛い原因は?靴の圧迫や親指の腫れ!何科を受診したらいいの?

台風・低気圧で体調不良!(頭痛・めまい・吐き気・だるい・眠い・耳)天気の変化で起こる病気「気象病」とは?

女性が不足しがちな栄養素「カルシウム・鉄・亜鉛」さらに低たんぱく質になるとヘモグロビン機能が弱くなる!?

便の色や状態(黒い・深緑・こげ茶・白っぽい・赤い)大腸がんなど病気の便の特徴とは?