サタデープラス 酢しょうが 3月19日

3月19日の「サタデープラス」は
血管年齢が若返る!驚異の酢しょうがパワーについて紹介。



Sponsored Links





今回の「サタデープラス」で
第2弾となる酢しょうが生活企画ですが
前回放送された内容では
酢しょうが生活を実践して
血管年齢がマイナス17歳になったり
血糖値や血圧が正常値になったりと
その健康パワーは驚くべきものでした。

3月19日放送の番組動画では
酢しょうがを使った簡単にできる料理レシピも大公開!
酢しょうが生活2週間続けただけで
血管年齢が若返ったという報告もあります。

過去の記事でも
酢しょうがの作り方を書いていますが
ここでももう一度
作り方についておさらいしておきます。



Sponsored Links





酢しょうがの作り方

【材料】

生姜—100g
酢—100cc(黒酢、りんご酢、米酢どれでもOK)
はちみつ—20g

【作り方】

①生姜をみじん切りにする。

②保存容器(蓋がある瓶)に①と酢、ハチミツを混ぜ合わせる。

③冷蔵庫に②を入れて1日漬け込んだら完成。

※保存容器は沸騰殺菌をしてから使用してください
※酢ショウガの保存期間は冷蔵庫で7日~10日ほどです。

生姜に含まれる健康成分は
生姜の皮のすぐ下に多く含まれいるので
生姜をよく洗ってから皮付きの状態で
調理する方が望ましい。

酢しょうがの食べ方は
サラダにかけて食べたり
パスタにのせて食べたり
豚肉料理にのせて食べても美味しくいただけます。


生姜の血管若返り効果

3月19日の「サタデープラス」では
生姜の効果・効能について紹介。

生姜の血管に対する効果は
動脈硬化や高血圧の改善が期待できます。

動脈硬化は、血管の老化とも言われ
血管の内側に老廃物や悪玉コレステロールが入り込むことで
血管の壁が厚くなり、硬く狭くなってしまう状態のことを言います。

柔軟性を失い、硬く狭くなってしまった血管は
血流が滞るようになり
代謝が悪くなることで冷え生じたり
血液の循環が悪くなるため内臓に負担がかかったりします。

動脈硬化が進行していくと
高血圧や心筋症、脳梗塞など
様々な病気の原因になります。

生姜に含まれる「ジンゲロール」や「ショウガオール」は
血管を拡張する作用や抗酸化作用が期待できます。
3月19日放送の「サタデープラス」で紹介の酢しょうがは
血液サラサラにするために効果的と言えます。

具体的には、生姜に含まれるジンゲロールは
血行不良の原因となるプロスタグランジンを働きを抑制して
血流を促す効果があります。

また、ジンゲロールには
胆汁の排泄を促す作用があるので
血液中の悪玉コレステロールを低下させる効果もあります。
つまり動脈硬化の予防になるのです。

その他にも、代謝が良くなることで
ダイエットや冷え改善につながったり
ジンゲロールには抗酸化作用により
老化防止にも役立つと言われています。

生生姜の300倍のショウガオールが含まれる
整腸作用と冷え性対策サプリメントはこちらです。
【酒粕しょうが粒】



サタデープラス-酢しょうが-3月19日-画像

酢の血液サラサラ効果

酢しょうがとは、生姜の酢漬けのことですが
生姜だけでなく酢にも血行促進作用があります。

酢は、血液中の成分である
血小板と白血球がドロドロに固まることを防ぐ効果があります。

血液がサラサラになることで
冷え性、肩こり、貧血、美肌、便秘、ダイエットなどの
効果が期待できます。

酢しょうがには、
「酢」と「生姜」どちらにも
血管若返りの効果があり
血管の老化によって引き起こされる
様々な病気の予防に役立つことが分かっています。

先々週の「サタデープラス」でも
同じ生姜をつかった健康レシピで
「蒸ししょうが」を紹介していました。
実は生姜に熱を加えることで
健康成分「ショウガオール」が増えるという内容です。

蒸ししょうがの作り方については
こちらの記事をご覧ください。
↓ ↓ ↓

サタデープラス 蒸しショウガ 3月5日

3月19日放送の「サタデープラス」では
血管を若々しく保って病気を予防する
酢しょうがの健康効果について大公開!

サタデープラス 酢しょうが 3月19日

サタデープラスHP



Sponsored Links





オススメの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

サタデープラス 3月12日 鎌倉・江ノ島 血管若返りの旅

今でしょ講座 うどん そば ラーメン 3月15日

主治医が見つかる診療所 3月14日 尿の泡立ち 腎臓

ゲンキの時間 3月13日 軽度認知障害(MCI)

世界一受けたい授業 3月12日 春の魚料理