金スマ 自律神経 4月22日

4月22日の「金スマ」は
肌荒れ・肩こり・不眠などの体の不調と
深い関係のある自律神経について名医が徹底解説!



Sponsored Links





4月22日「金スマ」の番組動画では
200万部のベストセラー本を世に送り出した
カリスマ医師がストレスを溜めずに
自律神経のバランスを整える健康法を解説します。

自律神経は、全身の血液循環やホルモンバランスなど
体の機能を支配するシステムなので
自律神経のバランスが崩れると
血行不良が起きて、疲れやすくなったり
むくみが生じたりすることになります。

このような体の不調を改善するためには
体が緊張すると優位に働く「交感神経」と
リラックスした状態になると優位に働く「副交感神経」の
切り替えをスムーズにすることが大切です。

しかし、多忙な日々を送る現代人にとっては
知らず知らずのうちに精神的ストレスが溜まり
交感神経が優位に働き通している状態になりがちです。
そんな時に自律神経を整えるためには
質の良い睡眠が重要になってきます。



Sponsored Links





睡眠と自律神経の関係

4月22日放送の「金スマ」では
自律神経と睡眠について名医が解説。

自律神経を整えるためには
毎日の睡眠のとり方が重要になってきます。
睡眠時間は7時間とることが望ましい
少なくとも6時間は睡眠をとらないと
何らか体調不良があらわれる可能性が高まります。

質の良い睡眠を得るコツには
実は睡眠中よりも朝起きる時が重要です。
朝、起床後にすぐに日の光をあびることが重要です。
体には60兆個もの細胞が存在し
その1つ1つに「時計遺伝子」があります。
朝に太陽の光を浴びることで
この時計遺伝子のスイッチが入り
自然に目が覚めるのです。

私たちの体は
時計遺伝子のスイッチが入ってから
約16時間後に眠くなるようになっています。
つまり、毎朝、同じ時間に
太陽の光をあびることで
寝る時間と起きる時間の
自然リズムができて自律神経が整うのです。


血管と自律神経の関係

4月22日の「金スマ」では
血管と自律神経の関係について名医が徹底解明。

自律神経は血管に作用して
血流をコントロールしています。
そのため私たちの体のライフラインのような存在とも言えます。

健康維持に重要なことは
体にある60兆個の細胞の1つ1つに
血液(栄養)を行き渡らせるかがカギになってます。
骨、筋肉、臓器など自律神経が正常に働かなければ
十分に機能することができないのです。

自律神経は、緊張状態で優位に働く交感神経と
リラックス状態で優位に働く副交感神経の2つで成り立っています。
ストレス溜まり、交換神経が優位に働けば
血管は収縮します。
リラックスするれば副交感が優位に働き
血管は拡張するのです。

自律神経の主な働きは
血管の収縮・拡張の他にも
心拍の速い・ゆっくり
胃腸の働きが抑える・活発にする
筋肉の収縮・弛緩など
様々ことに影響しています。

長期間にわたり精神的なストレスがかかると
交感神経が働き続けて
血管が細くなることで血流が減少して
不眠や肌荒れ、肩こり、頭痛など
様々な不調が起こる原因になります。



金スマ 自律神経 4月22日 画像

自律神経を整えるポイント

4月22日放送の「金スマ」では
自律神経を整えるポイントを名医が解説。

人間の体は本来、交感神経と副交感神経が
パランスよく機能することで健康が維持されています。
しかし、現代の日本人の9割が
交感神経が優位に働く「交感神経過緊張型」と言われています。
また、男性は30代から
女性は40代から副交感神経の働きが急降下するとも言われています。
だからこそ、副交感神経の働きを上げることで
交感神経とのバランスを整えることが大切です。

 
<リラックスするための環境作り>

ゆったりとしたヒーリング音楽を聴いたり
寝る前のストレッチするなど
自分にとってリラックスできる工夫をする。

 
<腸内環境の改善>

腸と自律神経は深く関係にあり
腸の働きが活発になると副交感神経が優位に働くことが分かっています。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が多く
腸内環境が良いと綺麗な血液が生成されて
肝臓から全身に行き渡ります。
しかし、悪玉菌が多く腸内環境が悪いと
アンモニアや硫化水素などの
有害なガスが発生して全身を巡ることになってしまう。
腸内環境の悪い人は病気になりやすい。

 
<首を温める>

首は、神経や血管が集中している場所です。
そのため首を温めることで
リラックスしやすくなり
副交感神経を優位に働かせることができるのです。
ぬるま湯で温めたタオルを首に当てるなどして
緊張をほぐしていくと良いでしょう。

 
<深呼吸>

現代人は、日々の抱えるストレスから
交感神経が優位に働くことで
呼吸が浅く、速くなりがちです。
特に女性は胸式呼吸になりやすく
呼吸が浅いと言われています。

副交感神経が優位するためには
深くゆっくり呼吸することがポイントです。
腹式呼吸で4秒かけて空気を吸って
8秒かけて吐くといった
ゆったりとした呼吸を心掛けましょう。

「金スマ」出演の名医のベストセラー本はこちらです。
↓ ↓ ↓

4月22日の「金スマ」では
肌荒れ、肩こり、頭痛、不眠など
体の不調を引き起こす
自律神経のバランスについて名医が紹介。

金スマ 自律神経 4月22日

金スマHP



Sponsored Links





オススメの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

ガッテン 筋肉量UP術 インドの筋肉村 4月20日

今でしょ講座 4月19日 スーパーフード(チアシード・マヌカハニー・アサイー)

主治医が見つかる診療所 4月18日 コレステロール

ゲンキの時間 4月17日 減塩に有効な塩「雪塩」

サタデープラス 4月23日 心臓ドック