サタデープラス 氷酢たまねぎ 4月30日

4月30日放送の「サタデープラス」は
血管若返りのスーパー調味料!氷酢たまねぎを紹介!
10日間氷酢たまねぎを食べ続けるだけで
超絶的に体調改善!



Sponsored Links





4月30日の「サタデープラス」では
出演者が氷酢たまねぎ生活を実践した結果
血管年齢がなんと-17歳若返りに成功!
今回の番組動画では、氷酢たまねぎの驚異の健康効果を徹底解説。

氷酢たまねぎが話題になる以前に
玉ねぎの血液サラサラ効果を効率よく得られる
酢玉ねぎというものが流行しました。

酢玉ねぎは、その名のとおり
スライスした玉ねぎを酢漬けにしたものです。
もともと、氷酢たまねぎは
酢玉ねぎを調味料として使いやすくするために
凍らせたものです。
まずは、氷酢たまねぎの基本となる
酢玉ねぎの作り方を紹介します。



Sponsored Links





酢玉ねぎの作り方

<材料>

玉ねぎ・・・1個
酢・・・適量(米酢、黒酢、リンゴ酢など醸造酢ならどれでもよい)
ハチミツ・・・適量
塩・・・少々

<作り方>

①玉ねぎを洗って皮を剥き薄くスライスする。
②スライスした玉ねぎを水にさらす。
③玉ねぎの水気をきって塩をかける。
④密閉できる容器に玉ねぎ・酢・ハチミツを入れて冷蔵庫に入れる。
⑤冷蔵庫で漬け置きしてから5日目ほどが食べごろです。

酢玉ねぎの保存期間は冷蔵庫で1週間〜10日間ほどです。
酢玉ねぎを入れる容器は
使う前に熱湯消毒してください。


氷酢たまねぎの作り方

①酢玉ねぎをミキサーに入れてペースト状にする。
②ペースト状にした酢タマネギを製氷皿に入れて冷凍庫で凍らせる。

氷酢たまねぎの保存期間は2か月ほどです。
酢玉ねぎを凍らせておくと
サラダのドレッシングなどで
使いたい分だけ解凍するてばいいので便利です。



サタデープラス-氷酢たまねぎ-4月30日-画像

氷酢たまねぎの効果

4月30日放送の「サタデープラス」では
氷酢たまねぎの健康効果について紹介。

氷酢たまねぎの材料である
酢と玉ねぎはともに血液サラサラ効果が期待できます。
血流が良くなることで様々な臓器の機能が正常化や
免疫力が高まる効果が期待できます。
そのため、高血圧や糖尿病など
生活習慣病の予防につながります。

氷酢たまねぎを食べることで得られる
健康効果は次のとおります。

●血液サラサラ
●血圧の正常化
●動脈硬化の予防
●血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす
●腸内環境を整える
●肥満改善
●免疫力アップ
●血糖値をコントロールする

玉ねぎに含まる硫化アリルは
血液をサラサラにする効果や
血圧を下げる効果、血液中の余分な糖分や脂質を減らす効果があります。
さらに玉ねぎに含まるケルセチンという成分は
強い抗酸化作用があり血管をしなやかに若々しく保ち
血圧を下げる効果があります。

このようにたくさんの健康効果が期待できる玉ねぎを
さらに血液サラサラ効果や血圧低下、血栓予防に良い酢に漬けることで
健康食品としてパワーアップさせたのが
氷酢たまねぎなのです。

4月30日の「サタデープラス」では
10日間氷酢たまねぎ生活を体験した出演者が
血管年齢が驚異的に若返るという内容でしたが
氷酢たまねぎは血流サラサラになることで
代謝もアップするので
ダイエットや美容にも良いと言われています。

もともと玉ねぎは様々な料理に合う食材なので
氷酢たまねぎは様々な料理にアレンジが可能です。

サラダに氷酢たまねぎをのせて
オリーブオイルをかけて食べたり
餃子と一緒に食べても美味しいです。
餃子のタレに氷酢たまねぎを入れても良い。

スムージーや野菜ジュースを飲む習慣のある方は
氷酢たまねぎを混ぜて飲むと
さらに健康に良いと思います。

4月30日放送の「サタデープラス」は
血管若返りの調味料として注目されている氷酢たまねぎを大公開!
10日間の氷酢たまねぎ生活で
血管年齢が驚異の-17歳!?

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が気になる方は
こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

サタデープラス 氷酢たまねぎ 4月30日

サタデープラスHP



Sponsored Links





過去に放送された「サタデープラス」の記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

サタデープラス 4月23日 心臓ドック

サタデープラス 4月9日 唾液 名医の健康法

サタデープラス しょうゆ麹 4月2日

サタデープラス しょうゆ麹 4月2日

サタデープラス 3月26日 くびれ体操