世界一受けたい授業 4月30日 Tレグ細胞 アレルギー

4月30日の「世界一受けたい授業」は
アレルギーの新常識について紹介。



Sponsored Links





4月30日「世界一受けたい授業」の番組内容は

<理想的な人間関係を築く>
ベストセラー本「嫌われる勇気」から学ぶ
よりよい人間関係とは?
15分でわかる対人トラブル解決術を紹介!

<アレルギーの新常識>
アレルギーの意外な原因や対処法を紹介!
今注目の「Tレグ細胞」とは?

<簡単にできるお掃除術>
誰でもできるお掃除のコツを紹介!
汚れやほこりがたまりやすい見落としがちな場所とは?

など、4月30日の「世界一受けたい授業」も
気になる話題が満載の番組動画になっています。

なかでも健康情報として気になるのが
「アレルギーの新常識」についてです。

番組では、近年の研究でアレルギーを根本的に改善するカギとして
注目されている「Tレグ細胞」について徹底解説します。

日本人の2人に1人は
何らかのアレルギーをもっていると言われています。
それは日本人が3歳までの生活環境に関係しているとも言われています。
まずはアレルギーが起こる仕組みについて紹介。



Sponsored Links





なぜアレルギー反応は起こるのか?

4月30日放送の「世界一受けたい授業」では
アレルギー反応が起こる仕組みについて解説。

アレルギー反応は、アレルゲンと呼ばれる
原因物質に対して体内の免疫機能が過剰に働くことで起こります。
本来、花粉や卵などの食べ物は
人間にとって無害なはずなのに
アレルギー反応がでてしまいます。

アレルギー反応を引き起こすアレルゲン(花粉やハウスダストなど)が
体内に侵入すると血液中のIgE抗体と結びつき
脂肪細胞から炎症性物質であるヒスタミンが放出されます。
ヒスタミンは全身の様々な部分で
炎症を引き起こして
痒みや鼻水、涙眼などのアレルギー反応が起こります。

アレルギー反応を起こしやすい人は
アレルギー抗体と呼ばれるIgE抗体の
血液中の濃度が増加していると言えます。



世界一受けたい授業-4月30日-アレルギー-画像

Tレグ細胞とは?

4月30日の「世界一受けたい授業」では
アレルギー治療のカギとなるTレグ細胞について紹介。

アレルギー反応が起こる原因は
体内の免疫機能が過剰に働いてしまうからですが
そんな過剰な免疫応答を抑える働きがあるのが
「Tレグ細胞」です。
つまり、Tレグ細胞を増やすことで
アレルギーを根本的に改善できるのでは?
と注目されています。

Tレグ細胞が急激に増えるのは
3歳くらいまでと言われています。

そのため、幼少期にアレルゲンを
過剰に避ける生活をしていると
Tレグ細胞を増やすことができずに
アレルギーになりやすいと言われています。

Tレグ細胞を増やすという新常識が知られるようになってから
アレルギー反応を引き起こす原因物質を
少しずつ体に与えて治療していくという
根本的治療法が行われるようになりました。

そのような治療法では
舌下免疫療法が知られています。
アレルゲンを少しずつ舌の下に与えて
体を慣らしていく脱感作療法の一つです。

アレルギー治療には
発症の原因となるアレルゲンを体に慣らしていくことが
有効だからといって
むやみにアレルゲンに体をさらすことは
実は危険な場合もあります。

アレルギー患者がアレルゲンを体内に入ることで
短時間で急激にアレルギー症状があらわれて
命にかかわるようなショック状態が起こることがあります。
このような危険な状態をアナフィラキシーショックと言います。

アナフィラキシーショックを起こさないためにも
アレルギー治療は、必ず専門の医師のもとで
治療を行うことが重要です。

4月30日放送の「世界一受けたい授業」は
アレルギーの新常識について専門医が徹底解説。
アレルギーを根本的に改善するカギとなる
「Tレグ細胞」について紹介。

鼻炎・花粉対策のお茶はこちらです。
えぞ式 すーすー茶

世界一受けたい授業 4月30日 Tレグ細胞 アレルギー

世界一受けたい授業HP



Sponsored Links





過去に放送された「世界一受けたい授業」の記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

世界一受けたい授業 4月23日 慢性腎臓病(CKD)

世界一受けたい授業 4月9日 DIY健康診断 脳卒中

世界一受けたい授業 4月2日 男性脳と女性脳の違い リポポリサッカライド(LPS)

世界一受けたい授業 3月12日 春の魚料理

世界一受けたい授業 ミトコンドリア 3月5日