赤パプリカの調味料「マッサ」を作ってみた!作り方・栄養・効果を紹介!

以前から気になっていた
赤パプリカを使ったポルトガルの万能調味料
「マッサ」を作ってみました。
今回の記事では
マッサの作り方・栄養・効果などを紹介します。



Sponsored Links





マッサとは

マッサとは、ポルトガルの家庭料理で使わる
万能調味料のことです。
正式名称は「マッサ・デ・ピメンタオ(Massa de Pimentao)」と言われ
赤ピーマンのペーストという意味です。

マッサは、その名のとおり
赤パプリカをペースト状にしたもので
家庭でも簡単にできて
保存もできる万能調味料です。

マッサを作る過程で
塩漬けしたり、寝かせたりすることで
旨味とコクが濃縮するのが特徴です。



Sponsored Links





マッサの作り方

<材料>

赤パプリカ・・・2個
塩・・・大さじ4杯

<作り方>

①赤パプリカを4つに切り、種を取り良く洗い
しっかりと水気を取ります。

②ボウルに赤パプリカと塩を入れて馴染ませてから
冷蔵庫で1週間寝かせます。



赤パプリカ 調味料 マッサ 作り方 栄養 効果 ボウル画像

③寝かせた赤パプリカを
水気を取ってから1日天日干しをします。

④天日干しをした赤パプリカを
フードプロセッサーでペースト状にして完成です。



赤パプリカ 調味料 マッサ 作り方 栄養 効果 ペースト画像

保存用の容器は熱湯消毒してから使用してください。
保存期間は冷蔵庫で1ヶ月ほど日持ちします。


マッサの食べ方

マッサは、いろいろな食材と
相性が良い万能調味料です。

特に肉料理の味付けに使うと
とても美味しくいただけます。

その他にも、パスタに入れたり
魚介類に使ったりアレンジレシピはいろいろ。
チャーハンに加えても美味しいです。


赤パプリカの栄養素と効果

ピーマンとパプリカは
同じナス科トウガラシ属の野菜ですが
ピーマンは未成熟の状態で収獲されたもので
赤パプリカは完熟の状態で収獲されたものです。

未成熟の状態のピーマンには
青臭さや苦味がありますが
完熟の状態の赤パプリカは
肉厚で甘味があり、ビタミンCやβ-カロテンなど
健康効果がある栄養素がピーマンよりも
多く含まれています。

パプリカの種類は8種類もあります。
赤パプリカ
黄パプリカ
オレンジパプリカ
紫パプリカ
グリーンパプリカ
茶パプリカ
白パプリカ
黒パプリカ

 

カプサイシン

赤パプリカの赤い色素は
赤唐辛子にも含まれるカプサイシンという成分です。
カプサイシンは、強い抗酸化作用があり
お肌のシミ・シワの予防効果が期待できます。

また、カプサイシンには
脂肪の燃焼効果や血行改善効果などあり
新陳代謝を活発にすることで
生活習慣病の予防が期待できます。

 

ビタミン

パプリカにはどの種類でも
ビタミンCが豊富に含まれています。
なかでも、赤パプリカに含まれビタミンCは
ピーマンの2倍も含まれていると言われています。

ビタミンCは、コラーゲン生成を高めることから
美肌効果が期待できる栄養素です。

また、赤パプリカには
皮膚の潤いを保つ働きのあるビタミンAや
お肌の新陳代謝を高めるビタミンEなど
美容効果のある栄養素が豊富に含まれています。
ビタミンC・A・Eは
一緒に摂取することで
それぞれの吸収率を高める効果も期待できます。

赤パプリカに豊富に含まれるビタミン群には
強い抗酸化効果から抗がん作用があると言われています。

 

β-カロテン

赤パプリカに含まるβ-カロテンには
強い抗酸化作用があります。
活性酸素を抑えることで
動脈硬化や生活習慣病の予防効果が期待できます。

β-カロテンは、必要に応じて
体内でビタミンAに変化することで
体の中の粘膜や免疫機能を正常に保つ働きがあります。

 

フラボノイド

フラボノイドは、ビタミンPとも呼ばれることがありますが
厳密にはポリフェノールの一種です。
赤パプリカには、ピーマンには含まれていない
フラボノイドという栄養素が含まれています。

フラボノイドには、優れた抗酸化作用があり
活性酸素の発生を抑制することで
老化防止に役立ちます。

フラボノイドは、ビタミンCの効果を
サポートする働きがあります。
ビタミンCは、空気や熱に弱く壊れやすい性質がありますが
フラボノイドと一緒に摂取することで
ビタミンCの酸化を防いで効果を高めることが期待できます。

赤パプリカの調味料「マッサ」を作ってみた!作り方・栄養・効果を紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!