ゲンキの時間 5月15日 鎌倉ぶらり健康の旅

5月15日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
鎌倉をぶらり旅して
観光名物から健康の秘訣を探ります。



Sponsored Links





5月15日「ゲンキの時間」の番組内容は

<血液サラサラ>
鎌倉名物しらすの血液サラサラ効果!
しらすと大根の食べ合わせは良くない!?
鎌倉野菜の健康効果!
砂浜での運動がもたらす効果とは?

<脳を活性化>
お寺で認知症予防!?脳に良い伝統文化とは?

など、5月15日の「ゲンキの時間」も
気になる健康情報が満載の番組動画になっています。


しらすの健康効果

しらすは、1匹まるごと食べられることから
捨てる部分がないため
栄養価も非常に高く
カルシウムも豊富に含まれています。

100g(小皿1杯)のしらす干しで
1日分のカルシウム(約500mg)が摂取できます。

その他にも、しらすには
DHAやEPAが豊富に含まれていることから
血液をサラサラにする効果が期待できます。

さらには、次のような健康効果が期待できます。

・動脈硬化や高血圧の原因となる悪玉コレステロールを減らす。
・血液の凝固を防ぎ、血栓の予防につながる。
・認知症の予防。
・血流障害から起こる生活習慣病の予防。
・骨粗しょう症の予防。



Sponsored Links





しらすと大根の食べ合わせは良くない!?

5月15日放送の「ゲンキの時間」では
鎌倉名物しらすと大根の食べ合わせについて解説。

しらす干しと大根おろしを混ぜて食べることは
一般的に行わる食べ方ですが
実は、しらすと大根は
食べ合わせが良くないと言われています。

しらすには、リジンというアミノ酸が含まれています。
リジンは、免疫力アップや抗ストレス効果
または体の成長に関係する成分で
体内でリジンを生産することができないので
食べ物から摂取する必要があります。

しかし、大根にはリジンの吸収を
妨げる物質が含まれているため
あまり食べ合わせが良くないと言われています。

その一方で、大根にはしらすに含まれる
カルシウムやカリウムの吸収を良くする
ビタミンCが含まれているので
全ての栄養素で食べ合わせが悪いとは言えないのも事実です。

しらすに含まるカルシウムを
効率良く摂取するにはポン酢で食べると良い。

しらすに含まれるカルシウムは
ポン酢に含まれるクエン酸や有機酸と結合することで
体内に吸収しやすくなります。



ゲンキの時間-5月15日-鎌倉ぶらり健康の旅-画像

香りで認知症予防

5月15日の「ゲンキの時間」では
鎌倉で古くから伝わる
香道について紹介。

香道とは、日本の伝統的な芸道の1つで
香木を焚いて
香りを楽しんだり
香りの聞き分け(香りを当てる)を行います。

源氏香と呼ばれる香りの聞き分けは
5つの香りを聞いてから(嗅いでから)
同じ香りのものを当てるというものです。
このようなことが香道体験できる場所が
鎌倉のお寺であります。

嗅覚神経を使う香道は
脳を刺激することから
香道をやっている人には認知症が少ないと言われています。

西洋でもアロマテラピーによって
認知症予防に役立てるという考え方もあります。

5月15日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」では
鎌倉の観光名物から健康の秘訣を探る!

血液中の悪玉コレステロール値や中性脂肪値が気になる方は
こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

ゲンキの時間 5月15日 鎌倉ぶらり健康の旅

健康カプセル!ゲンキの時間HP



Sponsored Links





過去に放送された「ゲンキの時間」の記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

ゲンキの時間 5月1日 ウォーキング

ゲンキの時間 4月24日 座り方

ゲンキの時間 4月17日 減塩に有効な塩「雪塩」

ゲンキの時間 4月3日 レンコン 肩こり

ゲンキの時間 3月27日 睡眠