サタデープラス 山うに豆腐 がごめ昆布 5月21日

5月21日の「サタデープラス」は
血管を若返らせる食材
「山うに豆腐」と「がごめ昆布」を紹介!



Sponsored Links





5月21日「サタデープラス」の番組内容は

●血管若返り食材をスーパードクターが紹介!
「山うに豆腐」&「がごめ昆布」

●賢いお金の使い方

●超簡単!フライパンで作るパン教室

など、5月21日の「サタデープラス」も
知っておきたい情報が満載です。

なかでも健康情報として気になるのが
血管年齢を若返らせる食材
「山うに豆腐」と「がごめ昆布」についてです。



Sponsored Links





昆布をはじめ海藻類が
血管に良いという情報は
これまで様々な健康番組で紹介されています。
地域によって有名な海藻類が
血管を健康に保つために役立っている。

一方、豆腐をはじめとする大豆食品も
血管を丈夫にする効果があることが分かっています。
ただし、山うに豆腐は
豆腐の健康パワーにプラスして
味噌の健康効果も期待できる食品です。

「山うに豆腐」と「がごめ昆布」
どちらも血管を若返らせることで
名医がおすすめする食べ物ということで注目です。


山うに豆腐の効果

5月21日放送の「サタデープラス」では
山うに豆腐の血管若返り効果を解説。

山うに豆腐は、豆腐に重しをのせて水分を取り除き
3ヶ月から6ヶ月の間、味噌漬けにしたものです。

豆腐に含まるタンパク質は
血管を作る材料でもあるため
傷付いた血管の修復に役立ちます。
そのため血管を丈夫にする効果が期待できます。

豆腐の脂質に含まるリノール酸は
悪玉コレステロールを減らして
善玉コレステロールを増やす作用があります。
そのため動脈硬化を防いで
脳梗塞や心筋梗塞などの予防につながります。

味噌にはアミノ酸の一種である
LTP(ラクトトリペプチド)が含まれていて
血圧を下げる働きや動脈硬化の予防が期待できます。

血圧が上がると血液に圧力がかかり
勢いよく血管にぶつかることで
血管を傷つけてしまいます。
高血圧の状態が続くと
血液の圧力を耐えるために
血管の内側の壁が厚くなり
血管が狭くなることで詰まりやすくなります。
その結果、脳卒中や心臓病の原因になるのです。

傷付いた血管は、血管の内側に
コレステロールや脂質が溜まりやすくなり
血管が狭くなることで、さらに血圧が高くなります。
つまり、高血圧を放っておくと
高血圧⇒動脈硬化⇒高血圧という悪循環が起こるのです。



サタデープラス-山うに豆腐-がごめ昆布-5月21日-画像

がごめ昆布の効果

5月21日の「サタデープラス」では
がごめ昆布の血管を若く保つ効果について紹介。
がごめ昆布は函館でとれる昆布です。

がごめ昆布のヌルヌルした成分は
フコイダンやアルギン酸などの
水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維は、体内の余分な
塩分・糖分の排出を助けて
糖尿病や高血圧の予防に役立ちます。

塩分の摂り過ぎると
血液中のナトリウムイオンと
カリウムイオンのバランスが崩れて
血管が収縮することで高血圧を引き起こします。

フコイダンは、血管の内側の壁に血小板が接着することを防いで
血栓ができるのを防いでくれます。
また、血液中の悪玉コレステロールを減少させ
動脈硬化や心筋梗塞の予防につながります。

血液中の悪玉コレステロール値や中性脂肪値が気になる方には
こちらをおすすめします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

5月21日放送の「サタデープラス」は
名医がおすすめする血管を若返らせる食材
「山うに豆腐」と「がごめ昆布」を紹介!
それぞれに含まる成分から
血管年齢を若返らせる効果について徹底解説!
その他にも、有名人から学ぶ賢いお金の使い方や
フライパンで簡単にできるパン教室など
気になる話題が盛りだくさんです。

サタデープラス 山うに豆腐 がごめ昆布 5月21日

サタデープラスHP



Sponsored Links





過去に放送された「サタデープラス」の記事はこちらです。
↓ ↓ ↓
サタデープラス 5月14日 下腹 はちみつアボカドヨーグルト

サタデープラス 5月7日 認知症検診

サタデープラス 氷酢たまねぎ 4月30日

サタデープラス 4月23日 心臓ドック

サタデープラス 4月9日 唾液 名医の健康法