主治医が見つかる診療所 5月30日 肝臓ドック

5月30日の「主治医が見つかる診療所」は
芸能人の肝臓ドックSP



Sponsored Links





5月30日「主治医が見つかる診療所」の番組内容は

●最新の肝臓検診を公開!

●名医から学ぶ肝臓の新常識

●γ-GTPが正常でも肝臓に
病気をもっている人が結構いる!?

●本当はコワイ!脂肪肝
肝臓がんや肝硬変の原因になることも!?

●肝臓を元気にする料理レシピ

など、5月30日の「主治医が見つかる診療所」も
知っておきたい健康情報が満載の番組動画になっています。

今回の「主治医が見つかる診療所」では
アルコール摂取の頻度が高い芸能人たちが
最新の肝臓検査を受ける
芸能人の肝臓ドックSPです。

肝臓は沈黙の臓器を呼ばれ
肝臓に何らかの障害が起こっても
黙々と働き続けます。
そのため、ほとんど自覚症状のないまま
病気が進行してしまう場合もあります。
だからこそ、肝臓病の予防や
定期的な健診などが重要になります。



Sponsored Links





肝臓数値が正常でも肝臓病の可能性がある!?

5月30日放送の「主治医が見つかる診療所」では
名医が肝臓数値と肝臓病の関係について解説。

肝臓疾患に関係する血液検査で数値は
・ALT(GPT)「基準値:30IU/L以下」
・AST(GOT)「基準値:30IU/L以下」
・γ-GTP「基準値:50IU/L以下」
などがあります。

ALT(GPT)とAST(GOTは
肝細胞に存在する酵素で
何らかの原因で肝細胞が破壊されることで
血液中に流れ出します。

γ-GTPは、肝臓や腎臓などで作られる酵素です。
肝臓には、肝細胞や胆管細胞、胆汁などにも存在します。
アルコールを過剰摂取すると
γ-GTPが多く作られるようになり
血液中に漏れ出します。

ただし、肝臓に関係する数値は
肝機能が約90%が低下しないと
血液検査の数値にあまり変化はみられません。
したがって、γ-GTPが正常値でも
肝臓に何らかの病気をもっている人が
結構いると言います。
血液検査で肝臓関連の数値が正常範囲だからといって
過剰にアルコール摂取すると
重大な病気に進行する恐れがあります。



主治医が見つかる診療所 5月30日 肝臓ドック-画像

本当はコワイ!脂肪肝

5月30日の「主治医が見つかる診療所」では
脂肪肝を放置することで引き起こす
病気の危険性について解説。

肝臓に脂肪がたまった状態が脂肪肝ですが
日本人の4人に1人が脂肪肝というほど急増しています。
脂肪肝は、アルコール摂取を行わない人や
若い女性にも増えてきているといいます。

従来は、軽い病気だと考えられてきた脂肪肝ですが
近年、脂肪肝が肝硬変や肝臓がんへ
進行する可能性があることが分かり
脂肪肝の予防の重要性が指摘されています。

脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。
脂質や糖質を摂り過ぎている場合は
エネルギーとして使いきれず
中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

脂肪肝になる要因は次のとおりです。
・食べ過ぎ
・飲み過ぎ
・肥満
・運動不足
・無理なダイエット(低栄養性脂肪肝)

実は、アルコール摂取しない人の脂肪肝が危険です。
日本人の脂肪肝の原因で多いのは
飲み過ぎよりも、食べ過ぎによるものです。
この場合は放置すると肝硬変や肝臓がんへと進行する
確率が高いことで知られています。
脂肪肝は早めに発見し、原因となる生活習慣を
改善する必要があります。


肝臓のセルフケア

生活習慣の乱れが原因で起こる脂肪肝は
野菜中心の食生活に改善し
適度な運動を行い
アルコール摂取を控えるなどのセルフケアで
体重が2キロ減らしただけで
肝臓にたまった中性脂肪が減って肝臓の機能が回復します。

皮下脂肪に比べて、肝臓についた脂肪はとれやすのですが
脂肪肝は肝臓から脂肪がつくという特徴があるので
生活習慣が再び悪化すれば
元の脂肪肝に戻ってしまうので注意が必要です。

5月30日放送の「主治医が見つかる診療所」は
芸能人たちが肝臓ドックを行います。

肝機能をサポートするサプリメントはこちらです。
異例のメガヒットサプリメント『肝パワー』

主治医が見つかる診療所 5月30日 肝臓ドック

主治医が見つかる診療所HP



Sponsored Links





過去に放送された「主治医が見つかる診療所」の記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

主治医が見つかる診療所 5月23日 脳年齢が若返る

主治医が見つかる診療所 5月16日 肩こり

主治医が見つかる診療所 5月9日 8時間ダイエット

主治医が見つかる診療所 4月25日 頭痛

主治医が見つかる診療所 4月18日 コレステロール