首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?

首筋の痛みの原因は、リンパ節や首の骨、神経など様々なことが考えらます。

なかにも首のコリと頭痛を伴う場合もあります。

今回の記事では、首筋の痛みが起こる代表的な原因について紹介します。



Sponsored Links





首筋のリンパ節の痛みや腫れ

首筋の痛みや腫れの原因には、様々なことが考えられますが、その多くは頚部リンパ節の腫れが関係している場合があります。

首筋のリンパ節の数は片側だけでも数10個以上もあります。

首筋のリンパ節は右側と左側の対になる位置に存在します。

首筋のリンパ節が腫れている場合は、口・鼻・耳のいずれかが、感染による炎症が起こっていることがほとんどです。

ただし、その隣接領域からの癌の転移も考えられるので注意が必要です。

風邪によるリンパ節の腫れは、数日で治りますが、長期間、首筋の腫れがある場合は、喉頭癌や悪性リンパ腫などの重大な病気が隠れている場合もあります。



Sponsored Links





頸椎椎間板ヘルニア

頸椎(首の骨)は、7個の椎骨から構成されていて、椎骨の間にはクッションのような役割がある椎間板が存在します。

この椎間板が裂けて内部の髄核が飛び出し、神経組織を圧迫することで痛みが生じる病気を頸椎椎間板ヘルニアといいます。

頸椎椎間板ヘルニアの主な症状は、神経圧迫が原因で手足の痛みやしびれが起こります。

手足に現れる症状は、右側と左側のどちらか片方に生じることが多い。

また、椎間板の役割が機能しなくなることで、局部的な首筋の痛みやコリなどの症状があらわれる場合もあります。

その場合、首筋の右側と左側のどちらにも痛みが生じる可能性があります。



首筋の痛み-原因-右側-左側-リンパ-頭痛-首筋から後頭部にかけて痛い-病気-男性画像

首筋から後頭部にかけての痛み

頸椎椎間板ヘルニアで、首の骨の構造に異常が起こると脊髄から出ている神経組織が圧迫されて、首筋から後頭部にかけての痛みが生じることがあります。

この症状を頸性頭痛と言い、肩や肩甲骨の内側にまで痛みが広がる場合もあります。

また、緊張型頭痛でも首筋から後頭部にかけて痛みが生じることがあります。

首筋のコリや頭全体が締め付けられるような頭痛が起こります。

緊張型頭痛は、頭痛の種類の中でも、頻度が最も多く、特に30~50歳代の働き盛りの年齢に多くみられます。

発症の原因は、精神的なストレスや過労、不眠などによる筋肉の緊張・収縮が関係していると考えられています。


ストレートネック

正常な首の骨は、30~40度ほどの自然なカーブを描いていることで、頭の重みを分散して支えています。

しかし、ストレートネックは、首の骨が真っ直ぐになっている状態です。

この状態では、首の骨や筋肉に負担がかかり、首のコリや首筋の痛みの原因になります。



首筋の痛み 原因 右側 左側 リンパ 頭痛 首筋から後頭部にかけて痛い 病気 画像

自律神経は、頸椎と頭蓋骨の接続部分に集中しているため、首の筋肉が緊張して血行不良が起こると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、様々な身体の不調が起こる原因になります。

首筋の痛みの他にも、頭痛やめまい、吐き気、うつ、肩こりなどの症状を引き起こす恐れがあります。

ストレートネックが起こる主な原因は、猫背などの悪い姿勢です。

スマートフォンやパソコン作業などで、前傾姿勢を長時間続けることも首の骨の歪みの原因になります。

同じ姿勢を続けずに定期的ストレッチをすると良いでしょう。

 
ストレートネック対策枕はこちらです。

女性専用ストレートネック対応枕はこちらです。
女子専用ストレートネック枕「癒されネックフィット枕」

男性向けストレートネック枕はこちらです。
お父さんにあげたいネックフィット枕

首筋の痛いの原因は、その他にも様々なことが考えられます。

自覚症状のある場合は、早めに病院で診てもらうようにしてください。

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?



Sponsored Links





おすすめの記事

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?

うなじのニキビやしこりの原因は?できものが痛いor痛くない?

赤パプリカの調味料「マッサ」を作ってみた!作り方・栄養・効果を紹介!