鎖骨の下が痛い!(右側・左側・真ん中・リンパ・しこり・腫れ・肩こり)息苦しい!呼吸困難を伴う病気とは?

鎖骨の下が痛い原因は、いろいろなことが考えられます。

たとえば、筋肉のコリによって神経が圧迫される場合や、肺の異常により痛みが生じている場合、さらには、リンパ節が関係する病気の可能性など様々です。

原因となっている部分によって、腫れやしこり、肩こり、息苦しいなど、病気によっては、突然、呼吸困難になる場合もあります。

今回の記事では、鎖骨の下の右側・左側・真ん中などに痛みが生じる代表的な原因について紹介します。



Sponsored Links





肩こりで鎖骨の下が痛い

鎖骨の下の痛みやコリの原因の多くは、肩こりが影響していると言われています。

鎖骨の下の部分が緊張し収縮すると、背中側から胸側に引っ張られて、コリが生じる場合があります。

肩こりの多くは、腕の影響によって生じるものですが、意外と盲点になっている原因の1つが肩と腕の間に存在する鎖骨です。

鎖骨は、腕の動きに関係する他に、右側・左側に伸びる骨格であることから、体のバランスに影響を及ぼす部位でもあります。

そのため、鎖骨のバランスが崩れると、肩や腕に負担がかかります。

慢性的な肩こりに悩ませれている方は、鎖骨の下にコリや痛みがあることが多い。

鎖骨の左右のバランスが崩れる主な原因は、猫背などの前かがみな悪い姿勢です。

スマートフォンやパソコンなど作業により、長時間、同じ姿勢でいることも鎖骨に歪みが生じる原因になります。

鎖骨の下が痛い状態が悪化すると、首に悪影響を及ぼす可能性もあり、頚性神経筋症候群(首こり)を発症する恐れもあります。

首は自律神経系が集中している場所ですから、首こりが原因で全身の不調に繋がる場合もあるので注意が必要です。



Sponsored Links





鎖骨リンパ節の腫れやしこり

鎖骨の下には、右側と左側に、複数のリンパ節が対象に位置しています。

真ん中に近い位置にある「鎖骨下リンパ節」と「胸骨傍リンパ節」や、外側に位置する「腋窩リンパ節」などがあります。

特に胸骨傍リンパ節の場所は、胸の真ん中近くにあるのんで、このリンパ節に異常がある場合は、真ん中に腫れやしこりがあらわれます。

リンパ節の腫れやしこりの原因は、感染症や細胞の癌化など病気が関係している恐れがあります。

肺がんや乳がんなどの重大な病気が隠れている可能性があるので、早急に専門医による診断が必要です。

また、リンパ節に近い位置にできた腫瘍のため、リンパ腫と自己判断して勘違いすることも少なくありません。

リンパ腫の場合は、何らかの病気が関係している悪性の可能性がありますが、腫瘍(できもの)の場合は、良性の場合が多いと言えます。

癌による腫れやしこりは、痛みなあまりないことと、独特の硬さがあることが特徴だと言われています。

ただし、症状には個人差があるので、リンパ節の異常に気付いたら、早めに病院で診てもらうようにしましょう。



鎖骨の下が痛い-右側-左側-真ん中-リンパ-しこり-腫れ-肩こり-息苦しい-呼吸-病気-画像

肺気胸(自然気胸)

肺気胸とは、肺の一部が破損することで、空気が漏れる病気です。

肺機能に異常があることで、突然の胸の痛み(鎖骨の下が痛い)や息苦しさ、空咳など様々な症状があらわれます。

左右の肺のどちらかに異常が起こることで、鎖骨の下の右側・左側のどちらでも痛みが生じる可能性があります。

鎖骨の下の痛い状態に加えて、背中の肩甲骨周辺の痛みを伴う場合もあります。

悪化する呼吸困難を起こしたり、不整脈や血圧の低下などがあらわれることもあります。

肺気胸が発症する原因は、運動や慢性的な咳などで肺の内圧が上昇した時に起こりやすい。

また、飛行機やダイビングなどで、気圧が急激に低下した時にも起こる場合があります。

肺気胸は、女性よりも男性の方が発症しやすい傾向があり、なかでも、痩せ型で背の高い男性に多く発症すると言われています。



鎖骨の下が痛い-右側-左側-真ん中-リンパ-しこり-腫れ-肩こり-息苦しい-呼吸-病気-骨画像

胸郭出口症候群

鎖骨周辺には、腕神経叢と呼ばれる腕や手の指先にいく末梢神経の束や、鎖骨下動脈・鎖骨下静脈という血管が集まっています。

胸郭出口症候群とは、これらの神経や血管が圧迫されることで、肩から腕、手の指先にかけて、しびれやだるさ、痛みなど様々な症状が起こる病気です。

胸郭出口症候群の症状の1つで、鎖骨の下が痛い状態が起こります。

圧迫されている部分が右側か左側かによって症状が現れる場所も左右異なります。

胸郭出口症候群の症状は、腕を上げて後ろに反らすように動きや、首を痛みのある腕と反対側に反らすと痛みは強くなります。

首の筋肉や鎖骨と第1肋骨の間で、神経や血管が圧迫されることで症状があらわれます。

神経が圧迫されている場合は、しびれや痛みが生じ、動脈が圧迫されている場合は、腕や手の指の色が蒼白くなります。

静脈が圧迫されている場合は、暗い青紫色になります。

鎖骨の下が痛い原因には、他にも様々なことが考えられます。

特にリンパ節の腫れやしこりがある場合は、重大な病気の可能性もあります。

異常に気が付いたら、早急に病院で診てもらうようにしましょう。

鎖骨の下が痛い!(右側・左側・真ん中・リンパ・しこり・腫れ・肩こり)息苦しい!呼吸困難を伴う病気とは?



Sponsored Links





おすすめの記事

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?

うなじのニキビやしこりの原因は?できものが痛いor痛くない?