みんなの家庭の医学 1月26日 肩の痛み 頻尿

1月26日の「みんなの家庭の医学」は
「肩の痛み」と「尿トラブル」を特集。
それぞれの症状を診る専門外来を徹底取材。



Sponsored Links





肩の痛みと頻尿は多くの人達が
悩みを抱えている症状です。
1月26日「みんなの家庭の医学」の番組動画では
専門外来の医療スタッフに注目し
なかなか治らない慢性の症状の原因究明に迫る。

専門外来は、医師や検査技師、看護師などで
様々専門知識を結集している医療チームで構成されています。
長引く肩の痛みやなかなか良くならない頻尿など
発症の原因が特定しづらい場合でも
独自の方法で解決すると注目をあつめています。

通常の診察で原因が分からなかった病気が
なぜ専門外来で解明できるのか?
それは、専門の診療科ではなく
様々な医療スタッフが集まっているため
1人の医師では原因が分からないことも
様々角度から診断できるスタッフがいることで
体の不調を引き起こす原因解明を
より高い確率で可能にします。



Sponsored Links





肩の痛み

1月26日放送の「みんなの家庭の医学」では
長引く肩の痛みの原因究明について紹介。

腕を上げると痛い・・・
肩が痛くて服を着替えるのもツライ・・・
肩の痛みの多くは原因不明だといいます。
ただの五十肩だと放置していると
実は大変な病だったという場合もあります。

1月26日の「みんなの家庭の医学」では
10年も肩の痛みが治らないという患者が
肩専門外来で肩のスペシャリストたちの
診察リレーにより原因が明らかになります。

肩の痛みは、肩こりの延長にあると思われがちですが
肝臓疾患や心臓疾患、胆のうに異常があったり
胃腸や肺に異常がある場合などの前兆で
肩の痛みが生じているケースもあります。



みんなの家庭の医学-1月26日-肩の痛み-頻尿-画像

肝臓疾患

肝臓疾患の場合は、
右肩から肩甲骨にかけて痛みを感じることがあります。
その他にも、体が疲れやすくなったり
右側の腰から背中にかけて痛みが生じたりします。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ
症状が悪化してもそのまま黙々と働き続けてしまいます。
そのため病気に気が付いた時は
症状が酷くなっていることも少なくありません。

また、肝臓、胆のう、膵臓の3つの臓器は
連携して働いているので
3つのどれかに異常が起こると
それぞれの関係が崩れてしまいます。

 

心臓疾患

心臓疾患の場合は
左側の胸のあたりや背中から
左肩かけて痛みが生じます。
左肩の痛みや肩がだるく感じる場合もあります。

心臓疾患には、心筋梗塞や狭心症などがありますが
どれも命に関わる重大な病気です。
胸の痛みは、強く締めつけられるような激しい痛みが特徴です。

また、肩の痛み以外にも
背中の痛みを伴う場合は
胃腸や肺の異常がある可能性もあります。
肩甲骨と背骨の間あたりに
鈍い痛みやコリを生じることがあります。


尿トラブル

1月26日放送の「みんなの家庭の医学」では
7年間、頻尿に悩まされてきた女性が
尿トラブルの専門の「排尿機能外来」で診察を受けます。

日本人の40歳以上の女性で2人に1人は
頻尿の傾向があると言われています。

同じ頻尿でも女性と男性では
それぞれ特有の原因があります。

 
<女性特有の原因>

女性に多い頻尿の原因は、骨盤底筋のゆるみが挙げられます。
骨盤底筋とは尿道や子宮、膀胱などを支えている筋肉で
骨盤底筋を使って尿道口を引き締める役割があります。

しかし、女性の場合は、妊娠・出産・老化などで
骨盤底筋が衰えると尿道口をしっかり締めることができずに
頻尿が起こります。

 
<男性特有の原因>

男性に多い頻尿の原因は、前立腺肥大が挙げられます。
前立腺とは、膀胱の下にある臓器で
尿道を囲うように存在しています。

前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて
頻尿を引き起こします。

中高年の尿トラブルをサポートする
サプリメントはこちらです。
【ペポカボチャ種子エキス&クランベリー】

1月26日の「みんなの家庭の医学」は
長引く「肩の痛み」と「尿トラブル」の原因を解明する
専門外来について紹介。

みんなの家庭の医学 1月26日 肩の痛み 頻尿

みんなの家庭の医学HP



Sponsored Links





オススメの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

主治医が見つかる診療所 1月25日 家庭血圧

ゲンキの時間 免疫力

サタデープラス 血圧を下げる醤油 減塩法

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?