腕の痛みの原因は?(右・左・腕が上がらない・しびれ)肩から腕が痛い病気とは?

腕の痛みを引き起こす原因は、いろいろなことが考えられますが、今回の記事では、肩から腕の痛みやしびれが起こる代表的な病気を紹介します。

紹介する病気のなかには、腕が上がらないほどの激痛を伴う症状や、命に関わる重大な病気の前兆など、知っておきたい健康情報になっています。



Sponsored Links





胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、鎖骨周辺で腕にむかう血管や神経が圧迫されることで、腕の痛みやしびれ、だるさが起こる病気です。

胸郭出口症候群が起こりやすい場所は2箇所あります。

1つ目は、前斜角筋と中斜角筋(首の付け根の筋肉)と鎖骨に囲まれた場所です。

2つ目は、鎖骨と第1肋骨の間です。

これらの場所は、腕にいく末梢神経の束や、鎖骨下動脈と鎖骨下静脈が圧迫されやすいため、胸郭出口症候群が起こりやすい。

胸郭出口症候群の症状は、腕を上げて後ろに反らす動作をすると、腕の痛みが強くなるのが特徴です。

初めは腕の痛みやしびれがおこり、徐々に肩や首、肩甲骨周辺に痛みが生じます。

神経が圧迫された場合は、腕の痛みやしびれが起こり、血管が圧迫された場合は、腕の血色が悪くなります。

胸郭出口症候群の腕の痛みは、右腕と左腕のどちらにも起こりうる病気です。

ただし、なで肩や首の長い人に多く発症する傾向があります。



Sponsored Links





肩関節周囲炎

肩関節周囲炎は、五十肩や四十肩と呼ばれる肩関節とその周囲の組織に炎症が起こる病気です。

肩関節周囲炎は中高年に多く発症する傾向があり、五十肩や四十肩と呼ばれていますが、50代・40代以外でも発症する可能性はあります。

また、右腕と左腕のどちらでも起こりうる病気です。

肩関節周囲炎の症状は、肩関節や肩から腕にかけて痛みが生じます。

腕の痛みの他に、肩の関節の動きが悪くなるため、腕が上がらない状態になります。

肩関節周囲炎が発症する原因は、肩関節を構成する腱や靭帯、骨、軟骨などが老化することで、肩の周辺組織に炎症が起こると考えられています。

これらの組織が硬く変性した状態で普段やらない動きを急に行うと、肩関節に負担がかかり炎症が起こります。

たとえば、日常生活で両腕を上げたり、腕を勢いよく回すといった動作はあまりしないものです。

高いところにある物を手を伸ばしてとったり、慣れない姿勢で後ろにある物を取ったり、普段の生活であまりやらない動作をした時に、肩関節周辺の組織を痛めてしまうのです。

肩関節周囲炎の腕の痛みは、夜に激しくなる傾向があります。

深夜は肩が冷えやすいことと、睡眠中の姿勢は肩に長時間、圧力をかける原因になるからです。

肩関節周囲炎になると、痛くて腕が上がらないため、衣服を着替える動作や、入浴時に体を洗う動作などが困難になり、日常生活の行動が制限されることにもなります。


頚椎椎間板ヘルニア

頚椎(首の骨)は7つの骨で構成されていて、骨と骨の間には、衝撃を吸収するクッションの役割を担う椎間板が存在します。

頚椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の表面が破れて、内部の髄核が後ろ側に飛び出して神経を圧迫する病気です。

腕にむかう神経が圧迫されることで、腕の痛みやしびれなどの症状があらわれます。

頚椎椎間板ヘルニアの症状は、脊髄が圧迫されるか、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されるかで異なります。

突起した椎間板によって脊髄が圧迫された場合は、腕から手の先端にいくほど痛みやしびれは強くなります。

この場合は、右腕と左腕の両方もしくは片腕だけに起こります。

悪化すると握力低下や指先の細かな作業が困難になります。

脊髄から枝分かれした神経根が圧迫された場合は、片腕だけに痛みやしびれがあらわれる傾向があります。

特に上を向く動作をすると痛みは強くなります。

この場合、頭痛を伴うこともあります。

頚椎椎間板ヘルニアが起こる原因は、加齢によるものや運動負荷によるもの、または遺伝的なものなど、複数の因子が重なって発症することが多い。

近年、一度飛び出してしまった椎間板の髄核は、自然吸収や自然消失する場合もあることが明らかになり、医療機関での治療法も変わりつつあります。



腕の痛み-原因-右-左-腕が上がらない-しびれ-肩から腕が痛い-病気-画像

頸椎症

頸椎症とは、首の骨や靭帯、椎間板などが後方に突出して、脊髄や神経根を圧迫することで腕の痛みやしびれが起こる病気です。

頸椎症は、加齢や外傷が原因で頚椎に変化が起こることで発症します。

首の骨に骨棘というとげ状の突起の形成や、椎間板の後方突出、靭帯が石灰化して硬くなることなどで、肩や腕へむかう神経を圧迫することが原因です。

高齢になるほど頚椎の変化は酷くなるため、頸椎症は40歳以降の中高年に多く発症する傾向があります。

加齢とともにあらわれる症状の多くは、急激に痛みが生じるのではなく、初めは頸部に症状があらわれ、次第に腕の痛みやしびれが生じます。


肩石灰沈着性腱炎

肩関節には、筋肉と腱の複合体である腱板が存在します。

肩石灰沈着性腱炎とは、肩の腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着することで、内部に炎症が起こる病気です。

肩石灰沈着性腱炎の症状は、肩から腕の痛みです。

腕が上がらないほどの激しい痛みが生じる場合もあります。

夜間に肩の痛みが強くなることが多く、激痛によって夜眠れないことも少なくありません。

肩の腱板内に溜まる石灰は、初めはミルク状の液体で、徐々に歯磨き粉のような粘り気がでて、その後、石膏のような硬さに変化していきます。

内部に硬い石灰が溜まっていくと痛みが増していき、腱板から滑液包内に飛び出す時に肩から腕の痛みが生じます。

この痛みは右肩と左肩のどちらでも起こる可能性があります。

肩石灰沈着性腱炎は、40代・50代の女性に多く発症する傾向があります。

肩から腕の痛みや腕が上がらないといった症状が、肩関節周囲炎(五十肩・四十肩)に似ていることから、レントゲン撮影で確認することで診断します。

肩石灰沈着性腱炎には、3つタイプがあります。

急性型・・・強い症状が1~4週続く
亜急性型・・・中等度の症状が1~6ヵ月続く
慢性型・・・運動時の痛みが6ヵ月以上続く



腕の痛み-原因-右-左-腕が上がらない-しびれ-肩から腕が痛い-病気-骨画像

腕の違和感が病気の前兆

腕の痛みやしびれの原因は様々なことが考えられますが、腕に起こる違和感が脳や心臓など、重大な病気の初期症状である可能性もあります。

脳梗塞の前触れとなる初期症状に腕のしびれやだるさが起こることがあります。

この場合、左右どちらか片方の腕だけにあらわれこと多い。

脳梗塞の前兆となる症状は、その他にも次のような症状があります。

●ろれつが回らなくなる
●顔の片方がしびれる
●片目だけ見えにくくなる
●思ったようにうまく文字が書けない
●口がうまく閉じられない

狭心症の初期症状で最も多いのが胸の痛みですが、その他にも肩や背中の痛みが起こる場合もあります。

この場合、左肩から腕の痛みや凝り、背中の左側の痛みなど、体の左側に症状があらわれることが多い。

肺がんの前兆となる症状でも、肩の凝りや腕のしびれなどが起こる場合があり、肺がんの場合は、左右のどちらか片方に起こることが多い。

上肺部の細胞が癌化した場合は、肩の凝りや痛みが生じやすい。

また、この部分には腕にむかう神経が集中しているため、腕の痛みやしびれを引き起こす場合があります。

腕の痛みの原因は、その他にも様々なことが考えられます。

自覚症状がある場合は、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

今回の記事で、腕の痛みの原因として首の骨に異常が起こる病気をいくつか挙げましたが、これらの病気が発症する背景には、首の骨が真っ直ぐになる「ストレートネック」という疾患が関係している場合があります。

本来、首の骨は自然なカーブを描いていて、重い頭部の圧力をバネのように分散しています。

しかし、首の骨が真っ直ぐになるストレートネックになると頭の重みを上手く支えられずに、首の骨に大きな負担をかけてしまいます。

頭部と首の付け根には、自律神経が集中しているため首の不調が原因で全身の不調になるケースも多い。

 
ストレートネック対策枕はこちらです。

女子専用ストレートネック枕「癒されネックフィット枕」

男性用ストレートネック枕

腕の痛みの原因は?(右・左・腕が上がらない・しびれ)肩から腕が痛い病気とは?



Sponsored Links





おすすめの記事

首の付け根が痛い!(右の・左の・リンパ・頭痛・吐き気・病気)首の付け根の痛みは何科を受診?

鎖骨の下が痛い!(右側・左側・真ん中・リンパ・しこり・腫れ・肩こり)息苦しい!呼吸困難を伴う病気とは?

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!

便の色や状態(黒い・深緑・こげ茶・白っぽい・赤い)大腸がんなど病気の便の特徴とは?

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?