台風・低気圧で体調不良!(頭痛・めまい・吐き気・だるい・眠い・耳)天気の変化で起こる病気「気象病」とは?

梅雨や台風の季節になると、体がだるい・眠い状態になったり、急に頭痛やめまい、吐き気など体調不良が起こることがありませんか?

これらの症状は、低気圧の影響で起こる「気象病」かもしれません。

今回の記事では、天気の変化で起こる気象病について紹介します。



Sponsored Links





気象病(天気痛)とは

気象病とは、気圧や気温の変化に伴い、様々な体調不良が生じる病気の総称です。

気象病は、主に低気圧になると症状があらわれることが多く、梅雨の時期や台風が近づいてくる季節になると、頭痛、めまい、吐き気、体がだるい、眠いなど、いろいろな症状を引き起こします。

気象病は、大きく分けて2種類があります。

1つ目は、めまい、吐き気、体がだるい、眠いなどで、なんとなく体調が悪いという自覚症状はあるが、検査しても原因が見つからないという不定愁訴タイプです。

この場合は、自律神経のバランスが崩れがちな人がなりやすい。

2つ目は、頭痛や関節痛、もしくは治ったはずの古傷が痛いなど、天気が悪いと持病が悪化するタイプです。

このように痛みを伴う症状は天気痛とも呼ばれています。



Sponsored Links





気象病が起こるメカニズム

気象病は、台風・低気圧などの天気の変化で起こりますが、では、なぜ気圧や気温の変化で体調不良が起こるのか?

これについては、まだまだ医学的にはっきりと、解明されていない部分もあるのですが、一説には、気圧の変化によって、「脳の混乱」が起こることが原因ではないかと考えられています。

耳の鼓膜の内側部分である「内耳」には、気圧の変化を感知して脳に情報を送るセンサーが存在します。

本来は、この内耳になる気圧センサーによって、梅雨や台風の時期に低気圧になったとしても、体が順応するようになっています。

自律神経の失調が起こっている人は、内耳の気圧センサーと脳が正常に機能せずに混乱してしまいます。



台風-低気圧-体調-頭痛-めまい-吐き気-だるい-眠い-耳-病気-気象病-雨画像

気象病のめまいの仕組み

気象病によって起こるめまいは脳の混乱が原因で発症しています。

体の平衡感覚を維持するためには、目から入る情報と内耳にあるバランスセンサーの情報が、一致していなければなりません。

しかし、梅雨や台風の時期などは低気圧になり、内耳の気圧センサーが影響されて「体のバランスが崩れている」という間違った情報が脳に送られます。

目からは「体のバランスは崩れていない」という情報が脳に届き、これらの情報のズレによって脳が混乱して、交感神経が優位に働き、めまいが起こります。

めまいがひどい時では、体のだるい状態や吐き気を伴う場合もあります。


低気圧によって起こる頭痛

気象病の頭痛は、もともと持病で片頭痛を抱えている人が、梅雨や台風などの低気圧の影響を受けて頭痛が悪化することが多い。

気圧の変化によって交感神経が優位に働くことで頭部の血管が収縮し、その反動で血管が拡張した時に、周囲にある神経を刺激して頭痛が起こります。

症状が悪化するとめまいや吐き気を伴う場合もあります。

片頭痛は血管の拡張が原因で起こるので、緊張型頭痛の治療のような体を温めたり、マッサージをするなどの対処法は逆効果です。

血管を収縮するためにコーヒーを飲むことが良いとされています。

ただし、頭痛が始まってからコーヒーを飲むのではなく、体がだるい状態や頭がぼんやりして、症状が出る予兆を感じた時に飲むのが良いと言われています。

とはいえ、個人差があるので必ず効果があるとはかぎらない。



台風-低気圧-体調-めまい-吐き気-だるい-眠い-耳-病気-気象病-頭痛画像

気象病の膝の痛み

低気圧の影響で関節痛が起こることもあります。

なかでも膝に痛みが生じることが多く、関節リウマチや変形性膝関節症などの持病がある人がなりやりすい。

梅雨や台風の時期は、低気圧に気温の低下や高湿度が重なります。

このような悪条件になると膝の痛みが悪化しやすい傾向があります。

そのため、梅雨の時期は膝を温めながら部屋の除湿を行うことが効果的と言えます。


気象病は酔い止め薬が効果的

気象病が起こる原因は、低気圧の影響で内耳センサーが間違った情報を脳に送ることで脳の混乱が起こり、その結果、交感神経が興奮して自律神経のバランスが崩れて、頭痛やめまい、吐き気など様々な体調不良が起こるようになるからです。

この症状は、乗り物酔いと同じ仕組みで起こります。

そのため、気象病は、酔い止め薬を飲むことで緩和すると言われています。

ただし、頭痛やめまいなどの症状があらわれてから飲んでも効果は期待できません。

気象病の予兆を感じた時に飲むのが効果的です。

気象病の予兆には次のような症状があります。

●頭がぼーっとする
●頭が重く眠い
●肩や首が重く感じる
●耳が詰まった感じがする など

気象病の予兆となる症状は、人によって異なり、予兆を感じる時間も様々です。

低気圧の影響と気象病の症状の前に、どのような予兆があるのか注意深く確認することが大切です。

これらの症状についてメモや日記を書くことも治療に役立ちます。

気象病に対しての酔い止め薬の効果は、個人差があるので必ず効くというわけではありません。

酔い止め薬の服用の際には、副作用やその他の薬との飲み合わせもあるので、必ず医師との相談の上で飲むようにしてください。

また、酔い止め薬によっては内耳に作用するタイプと、そうでないタイプがあります。

購入する際には確認するようにしてください。

台風・低気圧で頭痛やめまい、吐き気などの体調不良が起こるという場合は、医師による診断を受けるようにしましょう。

気象病は、自律神経のバランスが乱れがちな人が発症しやすいと言われています。

自律神経失調症は、ストレスや不眠などが引き金になって起こり、これらの原因として脳内物質の中の一つであるセロトニンが不足していることが指摘されています。

 
セロトニンをサポートするサプリメントはこちらです。
メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

台風・低気圧で体調不良!(頭痛・めまい・吐き気・だるい・眠い・耳)天気の変化で起こる病気「気象病」とは?



Sponsored Links





おすすめの記事

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?

ピロリ菌の症状は?(口臭・下痢・胃痛・吐き気)感染原因は井戸水?検査や除菌方法について紹介!

体が痛い原因は?(風邪・更年期・ストレス・熱・だるい)朝起きると体が痛い病気とは?

腕の痛みの原因は?(右・左・腕が上がらない・しびれ)肩から腕が痛い病気とは?