太りにくい・痩せやすい体質にする方法!ダイエットのポイントは食事と筋肉量!

太りにくい・痩せやすい体質にするためには、適度な糖質制限と軽い有酸素運動を長期にわたって続けることが大切です。

極端なダイエット方法は、かえって太りやすい体質になってしまいます。

今回の記事では、ダイエットを行う時の食事のポイントやリバウンドと筋肉量の関係などを紹介します。



Sponsored Links





糖質制限

糖質という甘い食べ物をイメージすることが多いので、お菓子の間食を止めればいいのかな?と思いがちですが、糖質制限ダイエットで気を付けるのは砂糖の摂取だけではなく、ご飯やパン、麺類などの主食も制限するダイエット法です。

糖質は、人間が生きていくうえで重要なエネルギーですが、余ってしまうと中性脂肪に変わってしまいます。

これが脂肪になって蓄えられることで内臓脂肪になっています。

糖質の過剰摂取を止めて脂肪を溜まらないようにするのが糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットで太りにくい・痩せやすい体質にする食事のポイントは次のとおりです。

肉類は、糖質がほぼゼロのため、牛肉・豚肉・鶏肉すべて食べて良い。

ただし、焼き肉のタレには糖質が多く含まれているので、焼き肉は、塩とコショウで食べると良いでしょう。

卵とチーズは、糖質が少ないのでOKです。



Sponsored Links





トウモロコシなどの甘い野菜は糖質が多いため、糖質制限ダイエット中は控えたほうが良い。

その他にも、ニンジン・ジャガイモ・カボチャなどの根菜類も糖質が多いのでNGです。

野菜は、キャベツやレタスなどの葉物を食べると良いでしょう。

たとえば、カレーライスは、ご飯はもちろんルーの材料が小麦粉が使われているので、糖質が多く含まれているのでNGなのですが、それでもどうしてもカレーが食べたいという場合は、ご飯のかわりに豆腐をいれて、豆腐とルーで食べると糖質の過剰摂取を防ぐことができます。

糖質制限ダイエットは、糖質をあまり摂らない結果、タンパク質を積極的に摂るようになるダイエット方法でもあります。

タンパク質は筋肉を作る元になる栄養素です。

そのため太りにくい・痩せやすい体質にするためには、適度な運動をすること重要なポイントになります。

筋肉量が増えることでリバウンドしにくい体質になるのです。

糖質は人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素です。

極端な糖質制限を避けて、程よく糖質制限をした食事を長期間続けることが大切です。


なぜ食べ過ぎてしまうのか?

ご飯や麺類などの炭水化物を食べると、βエンドルフィンという脳内物質が増えます。

この物質が快感をもたらすため、食事をとり過ぎてしまうという習慣性を招く原因になります。

美味しいと感じるもの食べると、脳内でβエンドルフィンが分泌され、幸福感や満足感が得られます。

一度好きになった食べ物がなかなか止められないのは、βエンドルフィンによる働きが大きいと言われています。

有酸素運動をすると、同じβエンドルフィンが脳内に増加します。

ですから、糖質摂取をするかわりに、しっかりと有酸素運動を行うことで、幸福感や満足感を得たいという気持ちの部分を補うことができます。

息が切れずに軽く汗をかく程度の運動でも、十分なβエンドルフィンが分泌されるので効果的です。



太りにくい-痩せやすい体質にする方法-ダイエット-食事-筋肉-食べ過ぎ画像

運動せずに食事の量だけを減らすと・・・

ダイエットでやりがちな方法は、運動をせずに食事の量だけを減らしていくというやり方です。

このような方法を続けると、体重だけでなく筋肉量も減少していまうのでNGです。

脂肪よりも筋肉の方が多く減ってしまうという場合が多い。

筋肉量は基礎代謝量に比例するので、カロリーを消費させる基礎代謝量も減少してしまいます。

その結果、リバウンドしやすい体になるという悪循環が起こります。

太りにくい・痩せやすい体質にすることは難しい。



太りにくい-痩せやすい体質にする方法-ダイエット-食事-筋肉-体重計画像

ダイエットは正しい姿勢が大切

ダイエットに失敗する原因の1つとして、悪い姿勢による体のゆがみが挙げられます。

正しい姿勢に改善すると、太りにくい・痩せやすい体質にすることに役立ちます。

人間の体は、内臓が適切な位置にないと、正常な機能を保てなくなります。

たとえば、姿勢が悪く骨盤が後ろの傾いていると、消化器系の内臓が重力に引っ張られて下にズレ落ちていきます。

そのため小腸の働きが阻害されて、新陳代謝が落ちて脂肪が燃焼しにくくなります。

このように内臓の働きが弱くなることで、太りやすい体質になっていまうことがあります。

また、猫背も太りやすい体質になる原因です。

猫背になると肺が圧迫されて、酸素をスムーズに取り入れることができなくなります。

その結果、エネルギーを作るために必要な脂肪を燃焼しにくくなるので肥満になりやすくなります。

酸素は脂肪を燃やす時に必要不可欠です。

ダイエットのために有酸素運動をしても、悪い姿勢で行うと十分な効果を得られないこともあります。

姿勢を正すことは、ダイエットをする前の重要な準備段階です。

正しい姿勢の状態で食事制限や運動を行うことで、より効果的なダイエットが期待できます。

ダイエットを成功させるためには、無理のない食事制限と適度な運動を長期間続けることが大切です。

短期間で極端なダイエットをすることは、体に負担がかかり逆効果になることがあるので注意が必要です。

 
女性向け筋肉サプリはこちらです。
【B.B.B HMB & CREATINE48000】

太りにくい・痩せやすい体質にする方法!ダイエットのポイントは食事と筋肉量!



Sponsored Links





おすすめの記事

ドライおから ダイエット

臓器別ダイエット

ぽっこり下腹改善はちみつアボカドヨーグルト

8時間ダイエット

くびれ体操