頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

今回の記事では、目の下や頬の痙攣が起こる片側顔面痙攣という病気について紹介します。

その他にも、似たような症状があらわれる眼瞼ミオキミアという病気についても、私の体験談も含めて書いてみたいと思います。



Sponsored Links





片側顔面痙攣とは

片側顔面痙攣とは、目や口のまわりにある表情筋が、自分の意志と関係なくピクピクと動いてしまう病気です。

初めは片側の目の下やまわりに軽い痙攣が起こり、次第に頬や額、口のまわりへと痙攣する場所が広がっていきます。

この症状は、精神的ストレスなどで緊張状態になると、強い痙攣があらわれる傾向があります。

片側顔面痙攣は、男性に比べて女性に多くみられる病気で、中でも40~50代の女性に多く発症する傾向があります。

ただし、どの年齢層でも発症する病気なので注意が必要です。



Sponsored Links





片側顔面痙攣の症状

片側顔面痙攣の初期症状は、片側の目のまわりが、ピクピクと軽く痙攣する程度です。

病気が進行すると痙攣している目のまわりと同じ側の額や口、顎の下、頬の痙攣といったように症状の範囲が広がります。

さらに悪化すると、顔面の片側が引きつったままになったり、片側の目がつぶったままになったりする場合もあります。

最初は、精神的にストレスがかかり緊張状態になった時に目の下や頬が痙攣するだけですが、次第に痙攣する時間が長くなっていき、やがて一日中顔面の片側に痙攣が続くようになります。

顔面の痙攣する側は、右側と左側のどちらでも症状があらわれる可能性がありますが、顔面の片側だけが痙攣するのが特徴です。

過度な精神的ストレスが発症の原因になっているため、ストレスとの関係から片側顔面痙攣とは別の病気で、緊張型頭痛を伴う場合もあります。

私は以前に左側の目の下から頬の痙攣が起こるようになった経験があり、仕事が忙しくストレスを溜めこみがちな時期でもあったので、心配になって医師の診察を受けたことがあります。

診察の結果は、片側顔面痙攣ではなくて眼精疲労からくる痙攣でした。

私の場合は、目を休めることで、左側の目の下から頬の痙攣が治まりましたが、片側顔面痙攣の初期の目のまわりだけが痙攣する症状では、疲れ目との区別がつきにくいこともあるようです。

実際に左側の目の下から頬の痙攣が起こった時に苦労したのが、仕事での対人関係で会話中に顔が引きつってしまうことです。

顔が引きつっている状態は、どうしても印象が良くないので非常に苦労しました。

この痙攣は自分の意志とは関係なく起こるので、どうすることもできないところが困るのです。

私の場合は、片側顔面痙攣ではなかったのですが、片側顔面痙攣でも同じように自分の意志に関係なく、目の下や頬の痙攣が起こるということで、同じように対人関係で苦労することもあると思われます。



頬-痙攣-原因-左-右-目の下-ストレス-頭痛-顔面-片側-ピクピク-病気-女性画像

片側顔面痙攣の症状とよく似た病気

片側顔面痙攣の症状と同じように、顔面に痙攣が起こる病気は他にもあります。

たとえば、眼瞼痙攣という病気は、まぶたがピクピクと痙攣する症状があらわれます。

片側顔面痙攣の症状との違いは、眼瞼痙攣の場合は、症状が左側と右側の両方のまぶたにのみあらわれて、頬の痙攣や口のまわりの痙攣など症状が広がることはありません。

片側顔面痙攣と同じように、片側のまぶたの一部がピクピクと痙攣する眼瞼ミオキミアという病気があります。

私が以前に発症したのも眼瞼ミオキミアで、健康な人でも眼精疲労やストレス、過労、睡眠不足などが原因で、目のまわりにある眼輪筋という筋肉が痙攣する病気です。

眼輪筋が頬のあたりまで広がっているので、私の場合は目の下から頬の痙攣が起こりました。

その他にもストレスからくる不眠や頭痛も起こっていました。

眼瞼ミオキミアは、通常は安静にしていれば、数日から数週間で自然治癒することが多いと言われています。

私の場合は、顔面の痙攣とともに頭痛も自然に治っていました。


片側顔面痙攣の原因

片側顔面痙攣が発症する原因は、脳に向かう血管が、中枢神経系を構成する器官が集合する脳幹という部分で、顔面神経を圧迫することで目の下や頬の痙攣が起こると言われています。

血管が顔面神経を圧迫することが原因で発症するため、動脈硬化の進行によって発症するのではないかと考えられています。

そのため、高脂血症や高血圧などの患者が、片側顔面痙攣を発症することが多いという傾向があります。



頬-痙攣-原因-左-右-目の下-ストレス-頭痛-顔面-片側-ピクピク-病気 脳画像

動脈硬化の他にも、脳幹部分に腫瘍があることが原因で、顔面神経を圧迫して痙攣が起きている場合もあります。

ですが、特に明らかな原因が見付からないにも関わらず、顔面の片側に痙攣が起こる場合もあります。

片側顔面痙攣の症状は、過度な精神的ストレスで悪化することもあり、原因としてストレスによる緊張状態が引き金になっているのではないかとも言われています。

片側顔面痙攣が起こる原因は、動脈硬化や精神的ストレスが関係していると言われているので、日頃から動脈硬化の予防やストレスを溜めない生活を心掛けると良いでしょう。

ウォーキングのように適度な有酸素運動を行うことや野菜中心の食生活にすることは動脈硬化の予防につながります。

また、適度な運動によってストレス解消も期待できます。

睡眠不足はストレスを溜めこむ原因になるので、毎日、十分な睡眠をとることは重要です。

目の下や頬の痙攣が起こる原因は、他にも様々なことが考えられます。

自覚症状がある場合は、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

 
不眠や憂鬱の原因は、脳内物質であるセロトニンが不足していることが関係していると言われています。

セロトニン不足をサポートするサプリメントはこちらです。
メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?



Sponsored Links





おすすめの記事

眉間が痛い原因は?(頭痛・鼻づまり・鼻水・吐き気・病気)眉間を押すと痛い副鼻腔炎とは?

台風・低気圧で体調不良!(頭痛・めまい・吐き気・だるい・眠い・耳)天気の変化で起こる病気「気象病」とは?

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?

鼻が臭い原因は?(副鼻腔炎・頭痛・朝・花粉症・マスク)蓄膿症には鼻水が出ないタイプの症状もある!

首の付け根が痛い!(右の・左の・リンパ・頭痛・吐き気・病気)首の付け根の痛みは何科を受診?