うつ病の症状は?(30代・40代・50代)女性に急増!診断チェックリストや予防方法を紹介!

最近、こんな症状を感じていませんか?

●眠れない。
●朝、起きた時に体がだるい。
●食事の献立が思い浮かばない。
●以前のように仕事がしっかりこなせない。
●何をやっても考えがまとまらない。

このような症状は、うつ病のサインかもしれません。



Sponsored Links





うつ病の患者数は、年々増加の傾向があり、およそ96万人いると言われています。

さらに、症状が軽く、病院にかかっていない人を含めると、250万人以上とも言われています。

特に、うつ病は、30代・40代・50代と働き盛りの年齢に多くみられ、近年では、女性の社会進出が増えたことから、仕事のストレスでうつ病を発症する人も増えています。

うつ病は、早期に治療すれば、それだけ完治する確率は高くなります。

また、それ以上に日頃からうつ病にならないように予防することも重要です。

今回の記事では、うつ病の症状やチェックリスト、または、うつ病を発症しないための予防方法などを紹介します。

男性と女性はどちらがうつ病になりやすい?

個人差はありますが、一般的に男性よりも女性の方がうつ病になりやすいと言われています。

女性の場合は、生理があるので、女性ホルモンの周期にとても影響を受けます。

それから、出産に伴う変化や更年期など、精神的に不安定になることがあります。

そういった時は、うつ病になる確率が高くなります。

男性よりも女性の方が2倍もうつ病になりやすいという調査結果もあります。

その他にも、脳の構造が男性と女性で違うので、そのようなことも関係があるのではないかとも言われています。



Sponsored Links





うつ病の初期症状

●体がだるくなってくる。
●睡眠障害がでてくる。
●食べ物の味が分からなくなってくる。

代表的な症状は、以上の3つです。

うつ病の症状という、気分が落ち込むといった症状が思い浮かびますが、それだけではなく、病気によって体が変化していくものなのです。

30代、40代、50代と働き盛りの人は、特に注意が必要です。


うつ病になりやすい人チェックリスト

□ 私は生真面目である。
□ 私は仕事熱心である。
□ 私は凝り性である。
□ 私は几帳面である。
□ 私は責任感が強い。
□ 私は頑固である。
□ 私は我慢強い。
□ 私はNOと言えない。

これらの8つの項目のうち、4つ以上、自分に当てはまる人は、うつ病になりやすい性格なので要注意と言えます。

うつ病は、誰でも発症する可能性がある症状です。

うつ病になる人は心が弱い人がなるというイメージがありますが、実は、責任感が強いかったり、我慢強いと、心が強すぎる人がうつ病になりやすい傾向があります。



うつ病-症状-30代-40代-50代-診断-チェック-予防-女性画像

うつ病予防のための食事

うつ病が発症する原因の1つに、脳内ホルモンを著しく消耗させているということが挙げれます。

仕事や人間関係で過剰な精神的ストレスを受け続けると、脳内ホルモンを大量に消費していまいます。

脳内ホルモンを補充するためにしっかりとした食事を摂ることが重要です。

脳内ホルモンを作る材料は、毎日の食事からとるわけです。

バランスの悪い食事では、脳内ホルモンを補充することができなくなるのです。

脳内ホルモンは、タンパク質にビタミンB群や鉄などが加わって、脳内ホルモンであるの「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」などが作られます。

つまり、うつ病の予防に効果的な食事は、タンパク質、ビタミンB群、鉄を摂取することが大切で、この3つの栄養素を含む食材は次のとおりです。

●肉類(赤身)
●マグロ(赤身)
●ウナギ
●カツオ
●レバー
●卵

男性よりも女性の方がうつ病になりやすいということをすでに述べましたが、その原因の1つに鉄不足が挙げられます。

鉄が不足すると朝起きられないといううつ病特有の症状が起こりやすい。

別名「幸せホルモン」と言われるセロトニンの分泌が減少すると、不眠や憂鬱の原因になります。

ストレスを抱えがちな現代人はセロトニン不足になっていることが多い。

 
セロトニン分泌を促すサプリメントはこちらです。
メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ



うつ病-症状-30代-40代-50代-女性-診断-チェック-予防-男性画像

うつ病予防のための睡眠

うつ病の予防に必要な脳内ホルモンは、昼、活動している時に消費されて、夜、寝ている時に作られます。

ですから、しっかり寝ないと補給されません。

十分な睡眠をとらないと、生活リズムも乱れてきます。

脳内ホルモンは、分泌される時間帯が決まっていて、睡眠障害から不規則な生活をしていると、脳内ホルモンが分泌されやすい時間帯に出てこないことがあります。

活動する時間帯に脳内ホルモンを分泌させるためには、規則正しい生活が必要です。

朝、毎日同じ時間に起きて、朝日を浴びるとセロトニンが増えます。

同じ時間に食事をして、同じ時間に寝ると、自律神経のバランスも良くなります。

自律神経のリズムを整えることが、うつ病の予防に大切です。

うつ病は非常に個人差があり、いろいろな心理条件で発症する可能性があります。

今回紹介したうつ病の症状や予防方法についてが、全ての人に当てはまるというものではありません。

自覚症状がある場合は、早めに専門医の診断を受けるようにしてください。

うつ病の症状は?(30代・40代・50代)女性に急増!診断チェックリストや予防方法を紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

体が痛い原因は?(風邪・更年期・ストレス・熱・だるい)朝起きると体が痛い病気とは?

お腹がすかない原因は?(病気・胸焼け・つわり・胃が痛い・朝)便秘や下痢を伴う食欲不振とは?

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?