蕁麻疹の原因は?(顔・全身・かゆくない・肝臓・ストレス・お風呂)汗が原因で起こるコリン性蕁麻疹とは?

蕁麻疹が起こる原因はいろいろなことが考えられますが、その多くは皮膚の中でヒスタミンという物質が増加していることが関係しています。

長引く痒みには意外な原因が隠れていることもあります。

なかには肝臓の機能低下が原因になったり、顔が腫れているのにかゆくないといった症状もあります。

今回の記事では、顔や全身に生じる蕁麻疹や痒みの意外な原因について紹介します。



Sponsored Links





蕁麻疹が起こるメカニズム

皮膚の表面近くには「マスト細胞」という細胞があります。

この細胞が何らかの刺激を受けるとヒスタミンという物質を放出し、ヒスタミンが血管に働くと血管が腫れて水分が滲み出します。

その水分が皮膚の下に溜まるため赤く腫れてしまい蕁麻疹が起こります。

さらにヒスタミンが神経に働くと痒みも発生します。

蕁麻疹や痒みを引き起こすヒスタミンですが、ヒスタミン自体は人間が生きていくうえで必要な物質です。

蕁麻疹を起こしている時は、通常よりヒスタミンが、過剰に分泌されていると考えられます。

マスト細胞を刺激する原因は、汗やアセチルコリンなどによる影響が考えられます。

これらが原因で蕁麻疹を引き起こす病気について紹介します。



Sponsored Links





コリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹は、汗が引き金になって全身に蕁麻疹が起こる病気です。

蕁麻疹は、ストレスや疲労からもあることがありますが、コリン性蕁麻疹の場合は、ストレスが原因ではなくて、ストレスや運動などでかいた汗が原因でアレルギー反応ができる皮膚の疾患です。

症状が酷い時には、顔の皮膚が腫れあがってしまったり、全身のだるさと吐き気を伴うこともあります。

皮膚の中で汗が漏れ出て、マスト細胞を刺激してヒスタミンを放出することで、アレルギー反応がでいるので、皮膚の表面に汗をかいていなくても、汗を出しそうな状態になると、蕁麻疹の症状はあらわれます。

コリン性蕁麻疹の症状は、原因である汗が、皮膚の内側にある時から起こっているのです。



蕁麻疹-原因-顔-全身-かゆくない-肝臓-ストレス-お風呂-汗-コリン性蕁麻疹-痒み画像

機械性蕁麻疹

機械性蕁麻疹とは、物理的に皮膚の表面を擦ることが原因で起こる蕁麻疹です。

たとえば、寝る時に布団が皮膚にあたる刺激で蕁麻疹が起こるとか、症状が酷い人では、髪が皮膚にあたるだけで顔に蕁麻疹が起こることもあります。

機械性蕁麻疹は、外からの刺激で起こる物理性蕁麻疹の1つです。

物理性蕁麻疹はその他にも、寒さで起こる寒冷蕁麻疹、熱さで起こる温熱蕁麻疹、日光で起こる日光蕁麻疹、水で起こる水蕁麻疹、振動する機械を持った時などに起こる振動蕁麻疹、リュックなど重い物をしょった時に起こる遅延性圧蕁麻疹などがあります。

蕁麻疹の症状は、お風呂上がりに寝床についたころから蕁麻疹が出始め、全身の痒みと痛みで十分に睡眠をとれないという場合もあります。

蕁麻疹で体が赤く腫れて痒みが生じます。

赤い皮膚がひいても、しばらくボコボコと皮膚の腫れが残る。

一方、食べ物が原因で起こる蕁麻疹もあります。

卵、小麦、牛乳、エビ、カニ、果実、蕎麦、魚などが原因で起こります。

一度、食べて蕁麻疹がでたからといってアレルギーとは限らない。

たとえば、サバやマグロなどの赤身の魚は、ヒスタミンの材料のアミノ酸を多く含んでいます。

ちょっと古くなった魚は、ついている細菌が魚の中にヒスタミンを発生させます。

そのような状態の魚を食べると蕁麻疹が起こることがあります。

繰り返し食べて蕁麻疹が出ない場合は、アレルギーの可能性は低いと言えます。


血管性浮腫

血管性浮腫は、顔に症状があらわれることが多く、まぶたや唇が腫れていまうことがあります。

蕁麻疹の症状の多くは痒みを伴うことがほとんどですが、血管性浮腫の場合はかゆくないが特徴です。

まぶたや唇、舌などが腫れたり、または、腸に症状がでる場合もあります。

腸に症状がでた場合は腹痛を伴います。

目のまわりが腫れてかゆくないという状態は、どうしても、ものもらいを疑って眼科を受診しがちですが、血管性浮腫の可能性がある場合は皮膚科を受診しましょう。



蕁麻疹-原因-顔-全身-かゆくない-肝臓-ストレス-お風呂-汗-コリン性蕁麻疹-内臓画像

肝臓機能の低下による全身の痒み

全身がの痒みが肝硬変などの肝臓の病気によって起こっている場合もあります。

肝臓の中では胆汁が作られています。

その胆汁を流す胆管という管が壊れて、胆汁が肝臓に溢れ出します。

すると、溢れ出した胆汁が全身に巡り、それが原因で全身に痒みが起こるのです。

全身の痒みが起こる肝臓病で知られているのは、原発性胆汁性肝硬変です。

病状が進行すればするほど痒みも強くなっていきます。

通常の肝硬変も非代償期という体に黄だんがでてくる時期には全身の痒みが生じます。

その他にも、蕁麻疹が起こる原因は、様々なことが考えられます。

腎臓病により尿毒症を引き起こし全身に痒みが起こることもあります。

自覚症状がある場合は、放置せずに、早めに病院で診てもうようにしましょう。

蕁麻疹の原因は?(顔・全身・かゆくない・肝臓・ストレス・お風呂)汗が原因で起こるコリン性蕁麻疹とは?



Sponsored Links





おすすめの記事

膿栓(臭い玉)の原因は?喉の奥の扁桃腺にある白い塊が口臭を招く!?

うつ病の症状は?(30代・40代・50代)女性に急増!診断チェックリストや予防方法を紹介!

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

顔や鼻の脂がひどい!(女性・男性・ニキビ・臭い・酸化)毛穴からニュルニュルと出る白い脂対策を紹介!

体が熱い!(熱はない・生理前・妊娠初期症状・だるい・病気)女性と男性で熱はないのに体が熱いそれぞれの原因とは?