メタボリックシンドロームの診断基準は?メタボの改善・予防する食事や原因と対策を紹介!

健康診断のメタボリックシンドロームの検査は、40歳以上75歳未満が対象になる特定健診の項目として導入されたした。

この検査は、まず、おへそを基準にお腹周りを測ります。

そして、血圧・血液検査で血糖値や脂質などの検査項目が基準値を超えている場合に、メタボリックシンドロームと診断されます。

でも、なぜ近年、メタボが注目されているのでしょうか?

それは、メタボリックシンドロームを放置してしまうと、動脈硬化を引き起こし、その結果、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気の原因になるからです。

今回の記事では、お腹周りの減らすための食事や生活改善法などメタボ対策を紹介します。



Sponsored Links





メタボリックシンドロームの診断基準

おへそ周り(腹囲)の診断基準

男性・・・85cm以上
女性・・・90cm以上

 

血圧の診断基準

上・・・130mmHg以上
下・・・85mmHg以上

 

空腹時の血糖値の診断基準

110mg/dl以上

 

中性脂肪の診断基準

150mg/dl以上

 

HDLコレステロールの診断基準

40mg/dl未満

 
日本には、メタボ予備軍が約2000万人いると言われています。

メタボリックシンドロームでは、内臓脂肪が多い人を推測しています。

女性は男性に比べて内臓脂肪よりも皮下脂肪が多いと言われています。

ですから、同じ内臓脂肪の量となると、女性の方が男性よりもお腹周りが大きくなると考えられます。

内臓脂肪が多くなると、血圧が高くなってきます。

それから、脂質の異常が起こってきます。

さらには血糖値の異常も起こってきます。

高血圧・脂質異常・血糖値異常のうち2つ以上当てはまる場合は、メタボリックシンドロームと診断されます。



Sponsored Links





メタボリックシンドロームの注意点

メタボリックシンドロームは、動脈硬化を引き起こしやすい。

動脈硬化を引き起こしやすい危険因子は、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症などがありますが、それに加えてメタボリックシンドロームを伴うと非常に危険度が高まります。

メタボの最終的な問題は、動脈硬化から心臓病や脳の病気などの重大な病を引き起こすことです。

予防のためには、日頃からバランスの良い食事や適度な運動を心掛けることが重要です。



メタボリックシンドローム-診断基準-メタボ-改善-予防-食事-原因-対策-腹部画像

動脈硬化とは?

血管の壁にコレステロールが沈着すると、血液の通り道が狭くなります。

そして、血管の弾力も失われていって、血液が流れにくい状態を動脈硬化と言います。

動脈硬化を放置すると、命にかかわる危険な病気「動脈硬化性疾患」に進行する恐れがあります。

日本人が命を落とす原因の約16%が心疾患で約12%が脳血管疾患です。

この2つが動脈硬化によって血管が詰まる動脈硬化性疾患になります。

動脈硬化の検査は、様々なものがありますが、一般的な検査は、頸動脈の超音波(エコー)検査が挙げられます。

この検査では、心臓から脳へ血液を送る頸動脈を画像化することができます。

その他には、血管のしなやかさ(内皮機能)を調べるFMD検査というものもあります。

FMD検査では、血液が流れる時、血管がどれくらい拡張するかを割り出して動脈硬化の進み具合を調べることができます。

動脈は、もともと血液を押し出すための弾力にとんだ血管です。

血液が流れていく時、血管内は大きく拡張し、その後、もとに戻る血管内皮機能があります。


BMI値(体重による肥満の目安)

メタボリックシンドローム特定健診は40歳からなので、40歳未満でメタボが気になるという方は、肥満の目安となるBMI値で判断することもできます。

BMI=体重(㎏)÷{身長(m)×身長(m)}

BMI値25以上は肥満です。



メタボリックシンドローム-診断基準-メタボ-改善-予防-食事-原因-対策-体重計画像

メタボリックシンドロームの予防・改善

メタボリックシンドロームの予防と改善で重要なことは、メタボ気味の方は、まず、体重を減らすことが重要です。

食事のコントロールをして目標は体重の5%減を目指しましょう。

 

<食事>

肥満の方は、食事の量を2割カット、腹八分目の状態を心掛けましょう。

食事は、野菜のおかずから食べ始める方法がおすすめです。

食事生活の改善は、初めは空腹感を感じますが、満腹中枢が腹八分目で満腹と感じられるまでの2週間続けてみましょう。

食事は偏らずにバランス良くが基本です。

腹もちの良いお米は適度に摂って、高カロリーなおかずは少しセーブするのがポイントです。

外食では、洋食や中華よりも和食が良い、おすすめは一品物よりもバランスの良い定食が良いでしょう。

野菜が不足した時は野菜ジュースで補うのも1つの方法です。

 

<運動>

運動は、続けやすいものから始めましょう。

たとえば、駅を1つ手前で降りて歩くことや定期的なウォーキングも良いでしょう。

体重が減れば、血圧や中性脂肪値の低下が期待できます。

毎日、少しずつでも続けることが大切です。

 
血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が気になる方には、こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

メタボリックシンドロームの診断基準は?メタボの改善・予防する食事や原因と対策を紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

太りにくい・痩せやすい体質にする方法!ダイエットのポイントは食事と筋肉量!

蕁麻疹の原因は?(顔・全身・かゆくない・肝臓・ストレス・お風呂)汗が原因で起こるコリン性蕁麻疹とは?

膿栓(臭い玉)の原因は?喉の奥の扁桃腺にある白い塊が口臭を招く!?

うつ病の症状は?(30代・40代・50代)女性に急増!診断チェックリストや予防方法を紹介!

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?