歯周病菌は全身疾患の原因!症状を放置すると糖尿病や心筋梗塞を引き起こす!?

朝起きた時に口の中がネバネバしたり、歯を磨いた時に歯茎から血が出るといった経験はありませんか?

これらは、歯周病のサインかもしれません。

歯槽膿漏という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは歯周病の症状の1つで、歯周病菌が原因となっています。



Sponsored Links





実は、30歳以上の日本人の80%以上が、歯周病にかかっていると言われています。

しかし、実際に医療機関を受診している人は、決して多くはありません。

歯周病は、炎症が歯茎に留まって、歯の周りの組織は壊れていない「歯肉炎」と炎症が深いところまで進行して、歯を支える骨が溶けてしまう「歯周炎」に分けられます。

歯周病の症状が悪化した歯周炎は、高齢になるにしたがって発症率は高くなる傾向があります。

一方、歯肉炎は、10代や20代の若い年代で多く見られる症状です。

歯周病は中高年がかかる病気というイメージがありますが、決してそうではありません。

歯周病は、プラーク(歯垢)と悪い生活習慣によって引き起こされる誰もがなりうる病気です。



Sponsored Links





歯周病とは

歯周病は、歯茎や歯を支える骨など、歯の周りの組織が慢性的な炎症を起こして破壊されていく病気です。

健康な歯は、骨と歯茎でしっかりと支えられていますが、何らかの理由で歯茎に炎症が起こると、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。

その状態を放置すると歯周ポケットが深くなって、歯茎の腫れが酷くなり歯を支えている骨が溶けてしますのです。

歯茎の支えを失った歯は、グラグラと安定しなくなり、やがては抜け落ちてしまうのです。


歯周病の原因

歯周病になる直接的な原因は、プラーク(歯垢)です。

人間の口内には、約500種類の細菌が存在します。

口内環境が悪化すると、歯周病菌などいろいろな細菌が増殖します。

プラークは、ばい菌の塊なのです。

そのばい菌の塊が歯に付着して、長期間その場所に留まると歯茎が腫れてしまうのです。

歯茎に腫れが生じると歯と歯茎の間に溝ができます。

その溝が深くなってくると溝の中の酸素の濃度が低下してきます。

このような環境では、酸素を好まない細菌が増殖します。

そのような性質をもった細菌が歯周病菌なのです。

歯周病の原因となる酸素を好まない歯周病菌が増加すると口内で毒素を出し始めます。

歯周病菌が出す毒素によって歯茎が破壊され、骨が溶かされてしまうのです。

歯周病は、昔は中高年になったら、多くの人がなる病気だと考えられていましたが、実は、50代、60代、70代になっても歯周病にならない人は大勢います。

歯周病は、非常に個人差がある病気なのです。

歯周病になると原因として遺伝的なものもあると言われていますが、多くは、生活習慣に問題がある人がかかる病気なのです。

この病気は、生活習慣病として位置づけられます。

歯周病を引き起こす悪い生活習慣は、次のとおりです。

●不十分な歯磨き
●精神的ストレスが続く
●歯ぎしり
●悪い歯並び など

これらが原因で歯周病になりやすく症状を悪化させやすいと言えます。



歯周病菌は全身疾患-原因-症状-糖尿病-心筋梗塞-歯磨き-画像

歯周病の症状

歯周病の主な症状は、歯茎の腫れ、口の中がネバネバと粘つく、口臭、歯磨きの時に歯茎から出血するなどが挙げられます。

しかし、初期の段階では、ほとんど自覚症状がありません。

歯周病の症状があっても虫歯がある時のように強い痛みを伴わないため、そのまま放置してしまう場合が多い。

そのため、多くの人が症状が悪化してから医療機関を受診しますが、歯周病を放置すると口の中だけでなく、全身疾患を引き起こす恐れがあります。

歯周病菌が、歯周ポケットの中で増殖すると、血液を介して体中を巡ります。

その量は少ないですが、長期にわたって歯周病菌が流れ出ていくと細菌と菌が出す毒素が全身に運ばれて、体のいろいろな場所で炎症が引き起こされて様々な全身疾患の原因になります。

たとえば、血液に流れ出た歯周病菌が原因で、血管が詰まってしまうと心筋梗塞を引き起こすこともあります。

または、細菌を肺に吸い込んでしまうと、誤嚥性肺炎になってしまう恐れもあります。

ですから、歯周病は、単に口内だけの病気ではなく、全身疾患の恐れがあるのです。

心筋梗塞や誤嚥性肺炎の他にも、歯周病菌が原因で肺炎や糖尿病を引き起こす場合もあります。

女性の場合は、妊娠した時に、早産のリスクが高まるとも言われています。



歯周病菌は全身疾患-原因-症状-糖尿病-心筋梗塞-歯医者-画像

歯周病の検査

<レントゲン検査>

歯周病にかかっているかどうかは、病気の程度、歯を支えている骨の状態を調べる検査です。

 

<プロービング検査>

ポケットプローブと呼ばれる医療器具を使って、歯周ポケットの深さを調べる検査です。

 
歯周病で歯を失うと、食べ物を十分に噛めなくなり、生活の質を下げるだけでなく、悪化する命に関わる病気を引き起こす恐れがあります。

自覚症状がある場合は、早めに専門医による診断を受けるようにしましょう。

 
美白成分と歯周病予防成分を同時配合した歯磨き剤はこちらです。
OraPearl(オーラパール)

歯周病菌は全身疾患の原因!症状を放置すると糖尿病や心筋梗塞を引き起こす!?



Sponsored Links





おすすめの記事

膿栓(臭い玉)の原因は?喉の奥の扁桃腺にある白い塊が口臭を招く!?

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?

足の裏が痛い!(土踏まず・かかと・外側・内側・子供)朝歩くと足の裏が痛い原因とは?

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?

耳の付け根が痛い!(切れる・しこり・痒い・臭い・できもの)耳の付け根の上下がただれる原因とは?