ドライアイの症状!(眩しい・目やに・頭痛・痙攣)コンタクトが原因になっていることも!?

ドライアイの症状に悩まされている日本人は、年々増えている傾向があり、その数は2千万人以上とも言われています。

ドライアイの症状は、とても曖昧で、光が眩しく感じたり、目やにがいつもより多く感じたり、頭痛やまぶたの痙攣を伴ったりと、自己判断では眼精疲労などの症状と見分けることが困難な場合もあります。

今回の記事では、コンタクトレンズの影響や目の粘膜の異常など、ドライアイが発症すると原因についてと、ドライアイの主な症状について紹介します。

記事の後半には、ドライアイのチェック方法も紹介しているので、是非、ご覧ください。



Sponsored Links





ドライアイとは?

私たちの目は、涙が目の粘膜を守っていることで正常な機能を保つことができます。

しかし、何らかの原因で涙の分泌量が減少すると、目を守るバリア機能が失われて、目の粘膜が傷ついてしまいます。

その結果、様々な目の不調を感じるようになるのです。

このような状態になる病気がドライアイです。

では、なぜ涙の分泌量が減ってしまうのか?

ドライアイ患者の約半数は、50歳以上の高齢者です。

涙が減る原因のひとつとして加齢の影響が考えられます。

涙はリラックスしている時に、副交感神経が優位に働いて分泌されます。

それとは逆に、緊張したり、精神的ストレスを感じたりして交感神経の働きが優位になると、涙の分泌量が減ってしまいます。

たとえば、人間は、緊張状態になると口が乾くことがあります。

この状態と同じように、緊張やストレスを感じた時は、涙の分泌量が減って、目が乾いてしまうのです。



Sponsored Links





ドライアイが発症するその他の原因として夜更かしなどの不規則な生活習慣が、涙の量が減少する原因になる場合があります。

また、パソコンやスマートフォン、読書などで、長時間、目を酷使するとドライアイになりやすいと言えます。

通常は、まばたきを1分間に20回~30回ほど行っていますが、パソコン作業や読書などを行った場合は、その作業に集中することで、ずっと目を開いている時間が増えてしまいます。

そのため、目を開け続けると涙が蒸発して目の表面が乾いていくのです。

まばたきには、涙を目の表面全体に広げる大切な働きがあります。

何かに集中してまばらきの回数が減ってしまうと、涙の蒸発が進んで、目が部分的に乾いてしまうのです。

それ以外でも、エアコンによる空気の乾燥やコンタクトレンズによる影響もドライアイが発症すると原因と考えられています。



ドライアイ-症状-眩しい-目やに-頭痛-痙攣-コンタクト-原因-画像

涙が減る以外のドライアイの原因

ドライアイの発症は、涙の分泌量が減ることが主な原因として考えられてきましたが、近年の研究によって、それ以外の原因についても指摘されています。

涙の量が十分にあり、目の粘膜にも傷がないにもかかわらず、目を開いていられてないというドライアイの症状があります。

この症状があらわれる、はっきりとした原因は、解明されていない部分も多いですが、顕微鏡を使って診断すると、目の表面の粘膜が涙をはじいてしまうというタイプのドライアイがあるということが分かっています。

つまり、目の粘膜そのものに異常があって、発症するドライアイがあるということが近年、分かってきたのです。

本来、目の粘膜には、涙が目の表面から流れ落ちないために定着させる作用があります。

目のの粘膜に異常があって、涙を定着させる作用が弱まると、涙がはじかれてドライアイの症状があらわれるケースがあるのです。



ドライアイ-症状-眩しい-目やに-頭痛-痙攣-コンタクト-原因-目を覆う女性画像

ドライアイの症状

私たちが目で鮮明に物を見るには、涙を十分に含んだ目の表面が鏡のように滑らかである必要があります。

しかし、涙の分泌量が減少したり、目の粘膜の異常で涙がはじかれると、目が部分的に乾くようになり見え方にも悪影響を及ぼすようになります。

ドライアイが発症すると、様々な症状があらわれますが、ここではドライアイの代表的な症状をいくつか紹介します。

目がショボショボして開いている状態が辛い。

目が痛くて開いていられない、特に天気の良い日は、異常に眩しいと感じことがある。

目がゴロゴロして違和感がある。

目が疲れてまぶたが痙攣する。

目がかすんで眩しいと感じる。

目の疲労から頭痛が起こる。

目やにが多く出る。

ドライアイの症状は、曖昧なものも多く、目の病気と気づかないことも少なくありません。

 

<ドライアイのチェック方法>

10秒間まばたきをしないで目を開ける。

10秒我慢できずに、まばたきをしてしまったら、ドライアイの可能性があります。

 
目がかすむ、眩しいなどのドライアイの症状があっても、痛みを伴わないため、そのまま放置してしまうことも少なくありません。

しかし、視覚の異常は予期せぬ危険を招きます。

ドライアイの症状で見にくくなった状態で車の運転はとても危険です。

目の異常を感じたら、そのまま放置することなく、早急に眼科を受診するようにしましょう。

 
眼精疲労対策のサプリメントはこちらです。
【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!機能性表示食品「えんきん」

ドライアイの症状!(眩しい・目やに・頭痛・痙攣)コンタクトが原因になっていることも!?



Sponsored Links





おすすめの記事

眉間が痛い原因は?(頭痛・鼻づまり・鼻水・吐き気・病気)眉間を押すと痛い副鼻腔炎とは?

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

うつ病の症状は?(30代・40代・50代)女性に急増!診断チェックリストや予防方法を紹介!

寝起きの頭痛!(後頭部・前頭部・病気・吐き気・うつ)朝に頭痛が起こる原因について紹介!

首筋の痛みの原因は?(右側・左側・リンパ・頭痛)首筋から後頭部にかけて痛い病気とは?