今でしょ講座 2月2日 座り方 冬の朝のNG行動

2月2日の「今でしょ講座」は
体の歪みやズレの原因になる「危険な座り方」や
病気を招く「冬の朝のNG行動」について紹介。



Sponsored Links





2月2日「今でしょ講座」の内容は

<間違えると怖い!危険な座り方講座>
体に負担をかけるNGな座り方とは?
体のゆがみやズレを改善する正しい座り方を公開!

<冬の朝のNG行動>
冬の朝の正しい起き方、朝食メニュー、歯磨きの仕方など
間違えると病気リスクが高まる
絶対にやってはいけない冬のNG行動を徹底解説!

など、2月2日の「今でしょ講座」も
今知っておきたい健康情報が満載の番組動画になっています。

間違った座り方を続けると
体の歪みを招いて肩こり・首こり・腰痛の原因になります。
さらに、姿勢を正して座ることで
インナーマッスルが鍛えられ
太りにくい体作りにも役立ちます。

また、冬の朝のNG行動については
寒暖による血圧の急激な変動が
病気の原因になるという話題です。
朝起きると温かい布団の中から急に寒い空気にさらされます。
そのため急激に血圧が変化して
様々な病気の原因となるのです。



Sponsored Links





正しい座り方

椅子に正しい姿勢で座るポイントは
「骨盤を立てる」ことです。

まず骨盤が椅子の一番後ろの位置になるように深く座ります。
このように座ってから上半身を90度に起こすと
椅子の背もたれに支えられて骨盤が立つので
背骨も伸びて良い姿勢を保つことができます。

デスクワークをしていると
どうしてもパソコンの場面の方へ
顎がでてしまいますが
顎を引いて姿勢を正すことで
首こり・肩こりの予防に役立ちます。

長時間、座った状態が続く時は
30分やって10秒は休むことで
筋肉のコリを予防します。
特に肩甲骨周辺の筋肉のコリは肩こりの原因になります。
肩甲骨周辺の筋肉を動かす体操を
行うことで疲れを溜めないようにしましょう。

間違った座り方

2月2日放送の「今でしょ講座」では
体に負担をかける間違った座り方を紹介。

<足を組まない>
足を組んで座ると骨盤の歪むだけでなく
インナーマッスルのバランスも悪くなります。

<顎を前に出さない>
顎を前に出して座ると
首や肩に負担がかかるだけでなく
腰にも負担がかかることで腰痛の原因になります。
ただし、あまり力を入れて顎を引くと
首こり・肩こりの原因になるので
肩や背中に力が入り過ぎないように注意しましょう。

<足の裏を地面つける>
足の裏を地面につけていないと
上半身の重みが全て腰に集中していまうのでNG
また、座った状態で足元の物を移動するのも
腰に負担をかけてしまうのでNG行動です。

姿勢を正すと活動する時に作用する
交感神経が優位になることが分かっています。
そのため集中力が高まることになります。



今でしょ講座 2月2日 座り方 冬の朝のNG行動 画像

冬の朝に気を付けたいこと

2月2日の「今でしょ講座」では
寒暖の変化と病気の関係について紹介。

冬の朝は、温かい布団から出ると部屋の空気が冷たいため
血管が寒さで収縮して血圧が高くなります。
高血圧の状態が長く続くと
心臓病や脳卒中、腎不全といった命に関わる
重大な病気を引き起こす原因になります。

心臓病や脳卒中などの血管が関係している病気は
冬に多く起こることが知られています。
冬に命を落とす件数は
夏のおよそ1.5倍という報告があります。

布団からでる時には、温かい服を着て
防寒の工夫をすることが大切です。

また、散歩やジョギングは
朝の時間帯ではなく、日中の暖かい時間帯にするようにしましょう。

2月2日放送の「今でしょ講座」は
肩こり・首こり・腰痛の原因になる「間違った座り方」や
命に関わる大病を招く「冬の朝のNG行動」について徹底解説。

今でしょ講座 2月2日 座り方 冬の朝のNG行動

今でしょ講座HP



Sponsored Links





オススメの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

主治医が見つかる診療所 2月1日 うつ病

ゲンキの時間 1月31日 長寿県をぶらり長野編

みんなの家庭の医学 1月26日 肩の痛み 頻尿

ためしてガッテン 足のむくみ 足の疲れ 1月27日

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?