加齢黄斑変性症の症状と原因は?「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがある!

視界がぼやけたり、歪んで見えることはありませんか?

その症状は、もしかしたら加齢黄斑変性症のサインかもしれません。

今回の記事では、加齢黄斑変性症の症状と原因について紹介します。



Sponsored Links





加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は、欧米で急増している目の病気で、欧米の中高年が失明する原因で最も多い病気と言われています。

近年、この病気は日本人の患者数も増加傾向になります。

目をカメラに例えると角膜や水晶体がレンズで、網膜がフィルムの役割を果たしています。

外部から入ってきた光は、角膜や水晶体で屈折して網膜に映像として映し出されます。

その情報が脳に伝わることで見えたと認識するのです。

加齢黄斑変性症は、この映像を映し出す網膜の一部に、なんらかの原因で異常が起こる目の病気です。

網膜の部分で対象を見る時に、重要な役割をするのが黄斑という部分です。

見る対象までの距離や大きさなどを見分ける細胞のほとんどが黄斑に集中しています。

黄斑に異常が起こると、視界の中心がぼやけたり、ゆがんで見えるという症状が起こります。

症状が悪化すると視界が欠けて暗く見える部分が広がって、最終的には失明する恐れもあります。



Sponsored Links





加齢黄斑変性症は2つのタイプがある

加齢黄斑変性症は大きく分けて「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがあります。

 

<滲出型>

滲出型は、日本人に多いタイプで、健康な時には存在しない血管が網膜のすぐ下にできるタイプです。

このできた血管はとても脆く破れやすいため、網膜が腫れたり、内部から漏れ出た水分で、網膜が剥がれたりして見え方が急激に悪化するのが特徴です。

網膜の細胞が新陳代謝を繰り返しているので老廃物ができます。

この老廃物の処理が上手くできなくなると、網膜の下に溜まって、それを処理しようとして、新しい血管を作ってしまうのです。

やがて悪い血管がどんどん広がって、網膜が正常に機能しなくなってしまうのです。

 

<萎縮型>

萎縮型は、滲出型に比べて、症状の進行がゆるやかなのが特徴です。

萎縮型は、網膜そのものが薄く弱くなることで、黄斑の働きが徐々に悪くなっていきます。

見え方が急激に悪くなることはありませんが、途中で滲出型に変わることもあるので注意が必要です。



加齢黄斑変性症-症状-原因-滲出型-萎縮型-老人の目画像

加齢黄斑変性症の原因

加齢黄斑変性症は黄斑に異常が起こる病気です。

では、なぜ黄斑に異常が起こるのか?

その原因としてはっきりとしているのは、老化によって黄斑に変化が起こることが関係しているということです。

その他にも加齢黄斑変性症になりやすい体質があります。

紫外線、日光などを長時間浴びる生活をしているとか、肥満や運動不足といった生活習慣も大きく関わっていると考えられています。

加齢黄斑変性症は、欧米に多い病気で、昔は、日本ではあまりみられない病気でした。

しかし、最近は、この病気にかかる日本人が急増しています。

加齢黄斑変性症は、年齢が高くなるにつれて、患者数が増える傾向にありまが、早い人で40代で発症することもあります。



加齢黄斑変性症-症状-原因-滲出型-萎縮型-目と脳画像

加齢黄斑変性症の症状

加齢黄斑変性症の主な症状は、視力が低下して、視界の中心がぼやけて見える。

または、中心に見えているものが歪んだり、見たい部分が黒くなって見るなどです。

加齢黄斑変性症の症状がさらに進行すると、色が分からなくなったり、人や標識などが見分けられなくなったりして、生活に支障をきたす場合もあります。

しかし、初期症状の段階では、自分で気付かないこともあり、健康診断など目の検査で指摘されて、初めて気付くケースも少なくありません。

加齢黄斑変性症の症状の多くは、片方の目から始まります。

目は、どちらか片方の目に異常があっても、両目で見ていると正常な方の目がカバーして、悪化するまで気付かないことがあるのです。

目から入ってきた情報は脳で処理されますが、左右それぞれの目から入った情報を脳で1つに統合して補うわけです。

加齢黄斑変性症の検査の種類はいくつかありますが、一般的なものは眼底検査です。

眼底検査は、専用のカメラで目の奥を撮影する検査です。

さらに詳しく検査する方法は、蛍光色素が入った造影剤を血管に入れて、眼球の血管の状態を観察する蛍光眼底造影検査もあります。

加齢黄斑変性症は、見たいところが見えなくなってしまうので、生活の質が下がってしまう恐れがあります。

加齢黄斑変性症は、定期な目の検査を受けて、出来るだけ早く治療を受けることが大切です。

自覚症状がある場合は、早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

加齢黄斑変性症の症状と原因は?「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがある!



Sponsored Links





おすすめの記事

ドライアイの症状!(眩しい・目やに・頭痛・痙攣)コンタクトが原因になっていることも!?

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

体が痛い原因は?(風邪・更年期・ストレス・熱・だるい)朝起きると体が痛い病気とは?

眉間が痛い原因は?(頭痛・鼻づまり・鼻水・吐き気・病気)眉間を押すと痛い副鼻腔炎とは?

閉塞性動脈硬化症の症状と原因は?この病気は何科を受診?