近視・遠視・老眼の違いとは?目の仕組みについて紹介!

人間が外部から得る情報のおよそ8割以上が、目から得られていると言われています。

私たちが生活するうえで目の機能はとても重要です。

今回の記事では、目の仕組みや近視・遠視・老眼の違いについて紹介します。



Sponsored Links





目の仕組み

目の仕組みは、よくカメラの構造に似ていると言われ、角膜や水晶体がレンズのような働きをしていて、網膜はフィルムのような働きをしています。

目の直径は10円玉ほどの小ささでありながら、筋肉があり常に複雑で精密な働きをしています。

外から目に入ってきた光は、水晶体と角膜で屈折して網膜に映像として映し出されます。

そして、その情報が脳に伝わって「見えた」と認識するのです。

目で近くを見る時は、目の中の筋肉を収縮させて水晶体を厚く膨らませてピントを合わせます。

目で遠くを見る時には、レンズである水晶体を調節する必要はなく、水晶体が一番薄い、リラックスした状態になります。

この時のピントは、最も遠くに合う仕組みになっています。

私たちは、遠くと見たり近くを見たりを繰り返していますが、目はそれに合わせて、無意識に水晶体を厚くしたり薄くしたりして、常にピントを合わせています。



Sponsored Links





近視と遠視の違い

網膜にピタリとピンとが合い、遠くまではっきりと見ることができる状態を健康な状態として、これに対して網膜の手前にピントが合ってしまうのが近視です。

近視の状態は、遠くがよく見えないので、メガネやコンタクトレンズを使って対処しますが、単純に近視=目が悪いとは言い切れない。

近視とは、近くにピントが合うタイプの目です。

遠くを見るのは苦手ですが、近くを見るのは得意なタイプの目なのです。



近視-遠視-老眼-違い-目の仕組み-メガネ-画像

近視とは違い、逆にピントの合うポイントが、網膜の後ろになってしまうのが遠視です。

こちらの方が厄介で近くも遠くもピントが合わず見えにくいうえに、自分が遠視だと気付かないケースも少なくありません。

遠視の程度が軽ければ、目の調節力を使って、近くにも遠くにもピントを合わせることができますが、常に水晶体に負担をかけて動かしているので、非常に目が疲れやすくなります。

人間は、生まれ間もない赤ちゃんの時は、眼球が小さいため、ピントが合うポイントが、網膜の後ろになる遠視の状態です。

その後、6~7歳の頃になると、成長に伴って眼球も大きくなり、網膜にピントが合う状態になって目の機能が完成します。


老眼のメカニズム

多くの人は40歳をすぎた頃から細かい文字が見えにくいなどの症状があらわれます。

では、なぜ老眼になるのでしょうか?

目は、近くを見る時は、水晶体を膨らませてピントを合わせます。

しかし、加齢とともに水晶体がだんだん硬くなって、十分に膨らませることができなくなり、近くにピントを合わせるのが難しくなるのです。



近視-遠視-老眼-違い-目の仕組み-眼精疲労-画像

よく近視の人は老眼になりにくいと言われますが、実はそんなことはありません。

老眼は老化現象なので個人差はあって、誰にでもあらわれる症状なのです。

ただし、近視の人は、もともと近くを見るのが得意なので、近視用のメガネをはずせば手元が見えるので、老眼を自覚しにくいと言われています。

老眼そのものは病気ではありませんが、見え方に違いを感じたら、まずは眼科の検査を受けることをお勧めします。

40歳をすぎると白内障や緑内障の頻度が高くなってきます。

特に緑内障は、視野が狭くなってきても、なかなか気付きにくいので重症になってしまうケースがあります。

失明の原因としても緑内障は非常に頻度が高い病気です。

ですから、目の見え方に変化を感じたら、年のせいだと放置しないで、まずは眼科で目の検査を受けることが大切です。

 
眼精疲労や手元のピント調整力をサポートするサプリメントはこちらです。
【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!機能性表示食品「えんきん」

近視・遠視・老眼の違いとは?目の仕組みについて紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

加齢黄斑変性症の症状と原因は?「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがある!

ドライアイの症状!(眩しい・目やに・頭痛・痙攣)コンタクトが原因になっていることも!?

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

眉間が痛い原因は?(頭痛・鼻づまり・鼻水・吐き気・病気)眉間を押すと痛い副鼻腔炎とは?

閉塞性動脈硬化症の症状と原因は?この病気は何科を受診?