肺炎の症状は熱・咳・痰!高齢者が発症する意外な原因「誤嚥」について紹介!

日本人が命を落とす原因となる病気は、次のとおりです。

1位・・・癌
2位・・・心疾患
3位・・・肺炎

今回紹介するのが近年、増加傾向にある3位の肺炎です。



Sponsored Links





肺炎とは

肺炎は、肺の中にある肺胞が炎症を起こす病気です。

肺胞は1つ1つが袋のようになっていて酸素と二酸化炭素を交換する働きがあります。

この肺胞が炎症を起こすと、酸素と二酸化炭素を交換が上手くできなくなって、発熱や激しい咳とともに息苦しさを感じるようになります。

症状が悪化すると、酸素が十分に取り込めず命に関わる場合もあります。



Sponsored Links





肺炎の原因

肺炎の原因になるものは、細菌やウイルス、化学物質など様々です。

日常でかかる肺炎の原因で最も多いのが細菌です。

細菌はどこにでもいて、健康な人の鼻や喉にもいますが、細菌がいるだけでは悪さはしません。

体力が低下したり、免疫力が低下したりした時に日頃いる細菌が暴れ出して、肺の中に入っていって肺炎を引き起こすのです。

肺炎の原因で1番多いのが、肺炎球菌と呼ばれる細菌です。

健康な人の鼻や喉にもいる、ありふれた細菌ですが、体の抵抗力が弱まった時などに肺炎を引き起こします。

よく風邪をこじらせると肺炎になると言いますが、これは、風邪やインフルエンザにかかると体の抵抗力が落ちてしまったり、空気の通り道である気道が炎症を起こして、防御機能が弱まるために細菌が肺に侵入しやすくなるためです。

特に体力や抵抗力が低下している高齢者は、風邪がきっかけで肺炎になることが少なくありません。

高齢になるほど、生活習慣病などの持病を併せ持つ人が増えます。

このような人が肺炎になりやすく、重症化もしやすいと言われています。

また、小さな子供や糖尿病や呼吸器の病気などを持っている人は、免疫力が低下しやすいので注意が必要です。

肺炎で命を落とす人の97%は、65歳以上の高齢者と言われています。

特に高齢者は、肺炎に気を付ける必要があります。



肺炎-症状-熱-咳-痰-高齢者-原因-肺画像

意外な原因「誤嚥(ごえん)」

高齢者に起こる肺炎の多くは、意外なことが原因となって発症します。

それは食道に入るはずの食べ物や飲み物が、誤って空気の通り道である気管に入ってしまう「誤嚥」です。

食道の入り口は、気管の入り口と並んでいます。

普段は呼吸をしているため食道の入口は閉じていますが、食べ物や飲み物が喉の送り込まれてくると、気管の入り口のフタが閉じて食道の入口が開く仕組みになっています。

しかし、高齢になると飲み込む機能がうまく働かなくなって、食べ物や飲み物が気管に入ってしまうことがあるのです。

食べ物や飲み物が気管に入ると、食べ物の成分だけではなくて、口の中の雑菌も一緒に肺の中に入ってしまうのです。

すると、肺の中で菌が増殖して、誤嚥による肺炎が起こるのです。

これを誤嚥性肺炎と言います。

普通は、気管に食べ物が入ってしまっても咳き込んで吐き出すことができますが、特に高齢者は咳の反射が弱まっているのでうまく吐き出せなくなってしまう。

そのため誤嚥性肺炎になりやすく、高齢者がかかる肺炎の7割以上が誤嚥性肺炎と言われています。

そして、誤嚥が起こるのは食事をしている時だけではありません。

寝ている間に口の中の雑菌が唾液と一緒に気管の中に入ってしまって、それが肺に達して誤嚥性肺炎になることもあります。

睡眠中は飲み込みの機能が低下するため、食事の時は飲み込めている元気なお年寄りであっても、知らない間に誤嚥を繰り返している場合があります。



肺炎-症状-熱-咳-痰-高齢者-原因-老人画像

肺炎の症状

肺炎の主な症状は次のようなことが起こるます。

●38℃以上の高熱
●激しい咳
●胸の痛み
●濃い色をした痰
●息苦しい

これらの症状は風邪に似ていますが、風邪よりも症状が重く長引くのが特徴です。

肺炎は、肺の中の細菌がどんどん増殖していくので、それとともに発熱もありますし、体力も消耗していきます。

さらには、呼吸不全もどんどん進行していくという状態になります。

風邪のような症状が起きて、なかなか熱が下がらない場合は肺炎を疑う必要があります。

しかし、高齢者の場合は、熱は咳などの症状がなく、元気がない、食欲がないだけという場合も少なくありません。

食事の時にむせたり、食後に痰がからんだりすることがあれば、誤嚥している可能性があるので、見逃さずに医療機関で検査を受けることが大切です。

肺炎患者が増えた原因は、高齢化社会になり誤嚥性肺炎が増えたためと考えられています。

肺炎は命にかかわる病気のため、重症化しないためには体調の変化を見逃さず、早めに医療機関を受診することが大切です。

肺炎が疑われる場合は呼吸器内科を受診することをお勧めします。

肺炎の症状は熱・咳・痰!高齢者が発症する意外な原因「誤嚥」について紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

加齢黄斑変性症の症状と原因は?「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがある!

大動脈瘤の初期症状はほとんど無し!原因となる動脈硬化と腹部の拍動に要注意!

近視・遠視・老眼の違いとは?目の仕組みについて紹介!

閉塞性動脈硬化症の症状と原因は?この病気は何科を受診?

足の爪が痛い原因は?靴の圧迫や親指の腫れ!何科を受診したらいいの?