ためしてガッテン 咳 2月3日

2月3日の「ためしてガッテン」は
長引く咳の止め方と
危険な咳の見分け方を紹介。



Sponsored Links





なかなか咳が止まらないと
この症状は、本当にただの風邪なのだろうか?
心配になるものです。
または、風邪が治ったはずなのに
空咳だけが長期間つづいているという場合には
呼吸器に何らかの問題がある可能性もあります。
また、痰を伴わない乾いた咳と
痰を伴う湿った咳とで
原因となる病気も異なります。

2月3日「ためしてガッテン」の番組動画では
長引く咳の原因や咳止めの対策などを紹介。
ハチミツを使って咳の苦しさを軽減する方法も公開。


咳の役割と原因

咳は、ウイルスや細菌、ほこりなど外から侵入した異物から
気管、気管支、肺を守るために起こる防御反応です。
また、咳には気道に溜まった痰を外に出す役割もあります。

空気の通り道である気道には複数の防御機能があります。
鼻・・・鼻腔内の粘液、鼻毛、線毛
喉・・・咽頭輪
肺・・・肺胞マクロファージ(免疫細胞)



Sponsored Links





咳が長引く病気

2月3日放送の「ためしてガッテン」では
咳がなかなか止まらない原因について紹介。

長期間、咳が止まらない場合は
呼吸器に関係する病気が隠れている可能性があります。

咳が続く期間が3週間以内の場合に
考えられる病気は次のとおりです。
・風邪
・細気管支炎
・急性肺炎
・気道異物
・気管支喘息

咳が続く期間が1ヶ月以上の場合に
考えられる病気は次のとおりです。
・咳喘息
・肺結核
・COPD
・後鼻漏症候群
・副鼻腔気管支症候群
・肺がん
・アトピー咳嗽
・薬剤性咳嗽
・間質性肺炎

ここでは、風邪の延長で起こりやすい
咳喘息の症状について紹介します。



ためしてガッテン-咳-2月3日-画像

咳喘息

咳喘息とは、慢性的な咳が続く気管支の病気です。
空気の通り道である気道が狭くなることで
外から侵入してきた異物の刺激を
過敏に反応してしまい
発作的な空咳や内部の炎症が起こります。

咳喘息の患者数は年々増えていて
アレルギーのある人や風邪に併発して
発症することが多くみられます。

咳喘息の症状は
1ヶ月以上、空咳が続きます。
ただし、一般的な喘息にみられる
呼吸をするとゼイゼイと鳴る喘鳴や
発作的な呼吸困難などはありません。
また、痰が絡んだり熱がでたりという
症状はほとんどみられません。

寒暖の変化に敏感に反応してしまい
夜中から朝にかけて咳がでやすくなります。
咳喘息が悪化すると
本格的な喘息に進行する場合もあるので
注意が必要です。

咳喘息の場合は痰を伴わない
乾いた咳ですが
痰を伴う湿った咳の場合は
喘息、気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群
ごく希に結核、肺がんなどの重大な病気が
隠れていることもあります。


咳にハチミツが効く!?

2月3日の「ためしてガッテン」では
咳が辛い時にハチミツで緩和させる方法を紹介。

ハチミツの咳止め効果は
古くから民間療法として行われてきました。
これは、ハチミツに含まれるグルコン酸に
殺菌作用があるためと考えられています。

ハチミツには強い抗菌作用があるので
細菌の増殖を抑える働きで
咳止めや喉の痛み、風邪の予防などが
期待できると言われています。

しかし、乳児の場合は
ハチミツの種類によって乳児ボツリヌス症という
病気を引き起こすことがあるので
乳児には与えてはいけません。

ハチミツの抗菌作用を利用して
昔は火傷に塗ることもあったそうです。
その他にもハチミツは様々な使われ方がされています。

ハチミツの咳止め効果は
全くないというわけではありませんが
あくまで民間療法の範囲ですので
咳の症状が治らないという時は
早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

2月3日放送の「ためしてガッテン」は
なかなか治らない咳の止め方と
病気が原因の危険な咳の見分け方について公開。

ためしてガッテン 咳 2月3日

ためしてガッテンHP



Sponsored Links





オススメの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

ためしてガッテン 足のむくみ 足の疲れ 1月27日

今でしょ講座 2月2日 座り方 冬の朝のNG行動

主治医が見つかる診療所 2月1日 うつ病

ゲンキの時間 1月31日 長寿県をぶらり長野編

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?