赤い食べ物の効果とは?赤い栄養素アスタキサンチン・アントシアニン・リコピンを含む食品とは?

今回の記事では、赤い食べ物に含まれる
「アスタキサンチン」「アントシアニン」「リコピン」
という3つの栄養素の健康効果について紹介します。



Sponsored Links





アスタキサンチンの効果

赤い食べ物に含まれる「アスタキサンチン」という栄養素は
癌の予防や免疫力の低下を防ぐ効果が期待できると言われています。
赤い食べ物を食べることで疲れにくい体を目指せるとも言われています。

赤い食べ物に含まれるアスタキサンチンは
なぜ体に良いと言われているのか?
それは、体の酸化を抑制する効果があると言われているからです。
人間が生きていくためには
酸素と食べ物が必要です。
この2つが体内でエネルギーに変わります。

食べ物がエネルギーに変わる時に
酸素が悪玉の活性酸素に変わります。
もともと活性酸素を消す力は体内に備わっていますが
徐々に活性酸素が漏れてきて
体内の様々な細胞組織を酸化してしまうのです。
これが老化の原因になるのです。

赤い食べ物に含まれるアスタキサンチンは
抗酸化力が強く、免疫力アップが期待できるため
若さを保つ栄養素と言われています。



Sponsored Links





アスタキサンチンは様々な食品に含まれる赤い色素です。
アスタキサンチンが含まる食品は
次のようなものがあります。

●鮭の身の部分
●鯛の皮の部分
●カニ
●エビ など

赤い食べ物の全てにアスタキサンチンが含まれているわけではない。
たとえば、マグロの赤身は
血の色で赤く見えるのでアスタキサンチンは含まれていない。
同様に肉類にもアスタキサンチンは含まれていない。



赤い食べ物-効果-栄養素-アスタキサンチン-リコピン-アントシアニン-食品-鮭画像

アントシアニンの効果

アントシアニンは、血液をキレイにして
動脈硬化を抑制する効果が期待できると言われています。

アントシアニンを含む食品は
次のようなものがあります。

●紫イモ
●黒米
●ブドウ
●赤キャベツ
●赤玉ねぎ など

紫イモに含まるアントシアニンには
酸化を抑える抗酸化作用があると言われています。
そのため生活習慣病の予防が期待できると言われています。
ブドウは皮が赤いものにアントシアニンが含まれていて
できれば皮も食べるとアントシアニンをより多く摂取できます。


リコピンの効果

フルーツなどに多く含まれるリコピンという栄養素は
生活習慣病や紫外線予防などの効果が期待できると言われています。

リコピンが多く含まる食品は
次のようなものがあります。

●スイカ
●赤いグレープフルーツ
●トマト など

リコピンが多く含まれている食品で
意外と知られていないのがスイカです。
スイカはリコピンに加えて食物繊維も豊富に含まれているので
美容・健康に良いと言えます。
グレープフルーツは黄色のものより
赤いものの方がリコピンを多く含んでいます。
リコピンが摂取するために最も良いのがトマトです。
トマトに含まるリコピンの量はとても多い。



赤い食べ物-効果-栄養素-アスタキサンチン-リコピン-アントシアニン-食品-トマト画像

トマトのリコピンを効率良く吸収する食べ方

紫外線からお肌を守るリコピンを
効率良く吸収するためのトマトの食べ方は
トマトソースにして食べると良い。

リコピンは、油に溶ける栄養素なので
油と一緒に食べることが効率良く吸収するポイントです。
トマトソースは油を使って調理するので
非常に吸収の効率が良い。

生のままトマトを食べる時は
脂っこい食事と一緒に食べると
リコピンの吸収が良くなります。

今回の記事では赤い食べ物に含まる栄養素について紹介しましたが
この食べ物だけ食べていれば大丈夫ということはありません。
食事は栄養バランスを考えて摂取することが大切です。

アントシアニンとアスタキサンチン配合のサプリメントはこちらです。
最高品質を目指すベリーサプリメント【アスタブライト】

赤い食べ物の効果とは?赤い栄養素アスタキサンチン・アントシアニン・リコピンを含む食品とは?



Sponsored Links





おすすめの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

赤パプリカの調味料「マッサ」を作ってみた!作り方・栄養・効果を紹介!

体が痛い原因は?(風邪・更年期・ストレス・熱・だるい)朝起きると体が痛い病気とは?

蕁麻疹の原因は?(顔・全身・かゆくない・肝臓・ストレス・お風呂)汗が原因で起こるコリン性蕁麻疹とは?

内臓脂肪と皮下脂肪の違いや見分け方とは?生活習慣病との関係について紹介!

メタボリックシンドロームの診断基準は?メタボの改善・予防する食事や原因と対策を紹介!