夏の頭皮と髪トラブル!美髪のためのシャンプーとドライヤーやり方を紹介!

髪の美しさは、見た目年齢に直結しているとも言われ、若々しく見せるためには髪の健康が大事です。

健康的な頭皮は、青白く、毛穴に老廃物がない状態です。

しかし、夏は太陽の光で頭皮と髪にダメージを受けてしまうことが多い。

そのため、頭皮が日焼けして、汗で毛穴が詰まっている状態になりがちです。



Sponsored Links





それとは逆に、頭皮が乾燥しやすい人は、乾燥肌で頭皮の角質がカサカサになったり、シャンプーの洗い残しがあったりするケースもあります。

また、薄毛に悩んでいる場合は、頭皮の血流が悪く赤茶色に変色しているケースもあります。

自分では、頭皮トラブルや髪トラブルで悩むことはないと感じていても、夏は紫外線や汗の影響で、頭皮トラブルになりやすくなります。


なぜ夏は髪のトラブルが増えるのか?

夏は髪にとってよくないシーズンです。

夏は紫外線が強い季節なので、頭皮が軽いヤケドを起こして頭皮や髪のトラブルの原因になります。

それに加えて、夏バテが頭皮や髪のトラブルに影響を及ぼします。

夏バテにより、免疫力の低下や血流の悪化、ホルモンバランスの崩れなどが、頭皮や髪に悪影響を及ぼす恐れがあります。



夏の頭皮-髪トラブル-美髪-シャンプー-ドライヤー-やり方-紫外線画像

頭皮と髪のセルフチェック方法

 

<頭皮の硬さチェック>

親指と人差し指で頭頂部を大きくつまんで、頭皮が動かなかったり、硬くなっている人は要注意です。

頭皮の血行が悪くなっている可能性があります。

 

<頭皮の色チェック>

鏡を使って自分の頭皮の色をチェックしてください。

頭皮が健康な状態は、青白い色をしています。

頭皮が赤や茶色の場合は、炎症や血流悪化の可能性があります。

 

<髪の毛の傷みチェック>

髪を人差し指に巻きつけてから髪を離した時に、すぐに真っ直ぐな状態に髪が戻るかチェックしてください。

傷んだ髪は、コシがないため元に戻りにくい。

健康な髪は、タンパク質や水分が詰まっている状態です。

そのタンパク質や水分を外からのダメージから守っているのが、キューティクルと呼ばれる組織なのです。

髪の外側にあるキューティクルが傷むと、髪の内側にまでダメージを受ける危険性があります。

そうなると、毛髪の成分が失われて弱くなり、切れ毛や枝毛の原因になります。



Sponsored Links





美髪のためのシャンプーのやり方

シャンプーをする前に、頭皮に近い首・肩・腕の血行を良くしてから髪を洗うと、代謝がアップして頭皮の汚れが浮き上がりやすくなると言われています。

シャンプー前のストレッチを行ったり、湯船にゆっくり浸かって血行を良くしてからシャンプーをすると頭皮の洗浄効果が高まることが期待できます。

耳の上には側頭筋という筋肉があり、ここを刺激して動かすことで、筋肉のない頭頂部の血行促進につながります。

シャンプーは、側頭部から頭頂部に向かって軽くマッサージをするように行うと良いでしょう。



夏の頭皮-髪トラブル-美髪-シャンプー-ドライヤー-やり方-女性画像

美髪のためのドライヤーのやり方

実は、シャンプー後にドライヤーを使わずに頭皮を自然乾燥で放置すると、雑菌が繁殖して頭皮の臭いの原因になります。

シャンプー後は、ドライヤーで乾かすことが大切です。

ドライヤーで髪を乾かす時のポイントは、温風と冷風を交互に繰り返すことです。

目安としては、温風10秒、冷風10秒ほどを繰り返すと良いでしょう。

キューティクルは熱に弱く、80℃以上の熱を当て続けると傷んでしまいます。

ドライヤーの風は髪のキューティクルの方向に沿って、髪の先端に向かって風を当てると良い。

キューティクルと逆の方向に熱風が当たると、キューティクルがめくれる原因になるので注意が必要です。

 
ドライヤーの「髪ヤケド」から髪を守る低温ドライヤーはこちらです。
ヒートケア60低温ドライヤー

夏の頭皮と髪トラブル!美髪のためのシャンプーとドライヤーやり方を紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

カビ対策!(部屋・エアコン・浴室・冷蔵庫)冷房の後は除湿ではなく送風運転で乾燥!

顔や鼻の脂がひどい!(女性・男性・ニキビ・臭い・酸化)毛穴からニュルニュルと出る白い脂対策を紹介!

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

赤パプリカの調味料「マッサ」を作ってみた!作り方・栄養・効果を紹介!

体が熱い!(熱はない・生理前・妊娠初期症状・だるい・病気)女性と男性で熱はないのに体が熱いそれぞれの原因とは?