マイオカインとは?増やし方や筋肉量UPの食べ物などを紹介!

近年の研究で、運動することによって、筋肉から分泌されるホルモンがいろいろな病気の予防に役立つということが分かってきました。

そのホルモンが「マイオカイン」です。

今回の記事では、マイオカインの効果や増やし方などを紹介します。



Sponsored Links





マイオカインとは

2005年に筋肉からホルモンが分泌されることをデンマークのコペンハーゲン大学の研究者が発見し、このホルモンをマイオカインと名付けました。

マイオカインは、全身の骨格筋から分泌されるホルモンです。

マイオカインの働きは、大腸がんや糖尿病、認知症、動脈硬化などの予防につながると言われています。

マイオカインは、1つのホルモンの名前ではなく、骨格筋から分泌される複数のホルモンの総称です。

これまで30種類以上が確認されています。

筋肉から様々な性質のホルモンが分泌されているので、それぞれで体に働きかけるので作用も異なります。

ですから、いろいろな病気の予防に役立つのです。



マイオカインとは-増やし方-筋肉-食べ物-画像

マイオカインの効果

マイオカインの効果については、まだまだ研究段階のため医学的にはっきりと解明されていない部分が多いですが、現段階で期待されている効果を紹介します。

マイオカインの中には、癌細胞に対して自ら消滅するように働きかける種類がマウス実験によって確認されています。

そのため特に大腸がんの予防に期待できるのではと考えられています。

肝臓の中の血液中に糖や脂肪がありますが、それらを分解するマイオカインが存在することが分かっています。

この種類のマイオカインの分泌により、糖尿病の予防に役立つのではないかと考えられています。

マイオカインの種類の中には、血管を若く保つ効果も発見されています。

これにより動脈硬化の予防に繋がることが期待されています。

認知機能を改善する物質がマイオカインによって増加することがマウス実験で分かっています。

そのため認知症の予防に繋がることが期待されています。


筋肉不足に要注意!

マイオカインには、様々な種類があり、いろいろな病気の予防が期待されていますが、全てのマイオカインに共通することは、筋肉から分泌されるということです。

つまり筋肉量が不足するとマイオカインの分泌量も不足します。



Sponsored Links





20代の男性の筋肉率の平均は33.7%、女性は27.6%です。

しかし、年齢とともに筋肉量は減少していき、70代になると男性の筋肉率の平均は27.5%、女性は22.1%です。

男性の場合は、27.3%以下だと筋肉不足です。

女性の場合は、22.0%以下だと筋肉不足です。

平均の数値では70代から筋肉不足になりがちですが、この数値は、あくまで平均であって、若い人は大丈夫というわけではありません。

実は、30歳を過ぎて特に運動をしないと、毎年1%筋肉量が減少していくと言われています。

または、過度なダイエットにより、20代の女性の約3割が筋肉不足だという報告もあります。


マイオカインの増やし方

マイオカインを増やすためには、筋肉量を増加させることが重要です。

ただし、過酷な筋トレを行う必要はありません。

適度な運動でマイオカインを分泌させることができます。

マイオカインの増やし方のポイントは、筋肉を増加させるための食べ物についてです。

食事は食べるタイミングが大切です。

食べる物は、筋肉の原料であるタンパク質を多く含む食べ物が良い。

特に乳製品に含まれる乳タンパク質(チーズやヨーグルトなど)が良いと言われています。

タンパク質と一緒に糖質を含む食べ物(ハチミツやチョコレートなど)を摂ると、タンパク質が筋肉に変わるのをサポートしてくれます。



マイオカインとは-増やし方-筋肉-食べ物-チーズ画像

筋肉量を増やすための食事は、運動後1時間以内に食べるのが良い。

筋肉トレーニングは、下半身の筋肉を鍛えるのが良い。

下半身の筋肉は、体の中でも大きい筋肉なので効果的です。

おすすめのトレーニングは、約3分の間隔で早歩きと通常の歩きを繰り返す、インターバル速歩と呼ばれるウォーキング方法です。

ただし、運動不足の方やお年寄りなど、普段から運動する習慣のない方は、最初は無理をせず、通常のウォーキングから始めると良いでしょう。

くれぐれも無理をしてケガをしないように注意してください。

マイオカインとは?増やし方や筋肉量UPの食べ物などを紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

ピロリ菌の症状は?(口臭・下痢・胃痛・吐き気)感染原因は井戸水?検査や除菌方法について紹介!

高血圧の原因は?40代・50代の女性は要注意の病気「閉経期高血圧」とは?

内臓脂肪と皮下脂肪の違いや見分け方とは?生活習慣病との関係について紹介!

LPS(リポポリサッカライド)とは?免疫力を高める効果がある!?

太りにくい・痩せやすい体質にする方法!ダイエットのポイントは食事と筋肉量!