ピーナッツの効果・効能は?悪玉コレステロールの減少が期待できる!?

ピーナッツに含まれる油や薄皮が
健康・美容に効果が期待できるということで注目されています。
今回の記事では、ピーナッツの効果・効能について紹介します。



Sponsored Links





ピーナッツはダイエットに効果的!?

ピーナツの含まれるオレイン酸と食物繊維の効果で
肥満予防の効能が期待できると言われています。

オレイン酸は、エネルギーになったり
体を作ったりできる効率の良い油です。

動物性脂肪に多く含まる飽和脂肪酸は
体を動かすためのエネルギーになりますが
体内で固まりやすく肥満の原因になることがあります。
一方、ピーナッツに含まるオレイン酸は
効率良く消費しやすく
悪玉コレステロールを減らす働きもあります。
ピーナッツの脂肪分の約半分がオレイン酸です。

また、ピーナッツには食物繊維が豊富に含まれていて
その量は、ごぼうの1.3倍も多く含まれています。

ピーナッツには、ダイエットに効果的な
オレイン酸と食物繊維が豊富に含まれていて
体重の減少が期待できると言われています。

さらに、ピーナッツは血糖値が上がりにくい低GI食品なので
ダイエット中のおやつに最適と言えます。



Sponsored Links





ピーナッツの薄皮に栄養が豊富

ピーナッツの薄皮を剥いて食べる人もいますが
ピーナッツの薄皮には、ポリフェノールが含まれているため
できれば薄皮を剥かずに薄皮ごと食べると健康・美容効果が期待できます。

私たちの体は、体内で発生した活性酸素が増えることで
老化を進行させてしまいます。
ポリフェノールは、この活性酸素を抑制する効能が期待できます。

このような物質を抗酸化物質を言いますが
ピーナッツに含まれる抗酸化物質の量は
その他のナッツ類と比べても非常に多い。
ピーナッツに含まる抗酸化物質の量は
アーモンドに含まる抗酸化物質の量の約5倍です。

また、ピーナッツに含まれるポリフェノールの中には
非常に強力なレスベラトロールという成分が含まれていて
このレスベラトロールが体内の長寿遺伝子を刺激して
細胞の若返り効果が期待できると言われています。
長寿遺伝子が作る出す酵素が
遺伝子自体に働きかけて長生きにつながると考えられています。
レスベラトロールは、長寿遺伝子を活性化させる効果が期待できます。



ピーナッツ-効果-効能-コレステロール-画像1

ピーナッツに含まれる油の効果

ピーナッツの油には
飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸と
不飽和脂肪酸の一種である
パルミチン酸、リノール酸、α-リノレン酸などが含まれています。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを減少する効果が期待できます。

パルミチン酸、リノール酸、α-リノレン酸は
血管を作ったり、血管を強くする効能が期待できます。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸は
健康維持に必要な油で
その両方がピーナッツには含まれているのです。
そして、ピーナッツの油は
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合が
理想的なバランスで含まれています。
しかも、ピーナッツには、たくさんのビタミンやミネラルなど
健康に良い成分も含まれています。

この絶妙なバランスで含まるピーナッツの油が
血管を強く、しなやかにすることで
心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果が期待できると言われています。



ピーナッツ-効果-効能-コレステロール-画像2

ピーナッツの1日の摂取量

健康・美容に効果的なピーナッツですが
食べ過ぎてしまってはいけません。
ピーナッツの1日の摂取量は
1日約20g程度(約20粒)が適量です。

手のひらで一握り分が約20g相当になるので
簡単な目安にすると良いでしょう。

ピーナッツには、カリウムが多く含まれているので
特に腎臓病の方は、食べ過ぎに注意してください。
または、ピーナッツでアレルギー反応がでる方もいるので
アレルギーのある方は避けてください。

血液中の中性脂肪値や悪玉コレステロール値が気になる方には
こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

ピーナッツの効果・効能は?悪玉コレステロールの減少が期待できる!?



Sponsored Links





おすすめの記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

赤い食べ物の効果とは?赤い栄養素アスタキサンチン・アントシアニン・リコピンを含む食品とは?

赤パプリカの調味料「マッサ」を作ってみた!作り方・栄養・効果を紹介!

マイオカインとは?増やし方や筋肉量UPの食べ物などを紹介!

高血圧の原因は?40代・50代の女性は要注意の病気「閉経期高血圧」とは?

閉塞性動脈硬化症の症状と原因は?この病気は何科を受診?