せん妄とは?症状と原因!高齢者のせん妄状態の特徴について紹介!

高齢者が意味もなく徘徊したり、大きな声で暴言をはいたり、幻覚を見たりと、いつもと違った行動をとると、その家族は、まず認知症を疑うかもしれません。

しかし、もしかすると、これらの症状は認知症ではなく、「せん妄」かもしれません。

今回の記事では、せん妄の症状と原因についてや、認知症とは違うせん妄の特徴などを紹介します。



Sponsored Links





せん妄とは

「せん妄」という状態はあまり聞きなれないものですが、せん妄とは、意識な一時的にぼんやりとする状態のことで、起きている時と寝ている時の中間のような症状です。

せん妄の症状は、数日で回復することも多いのですが、なかには長期に渡って症状が続く場合もあります。


せん妄の症状

せん妄の症状は、ある日突然あらわれることが多く、具体的には次のような状態になります。

●頭がぼんやりとして判断力や記憶力が低下する
●急に暴れ出す
●夜に徘徊する
●実在しないものが見えたり、聞こえたりする

これらの症状は、認知症とよく似た状態ですが、せん妄には、認知症にはない特徴があります。

せん妄が認知症とは違う特徴は、「ある日突然」症状があらわれるということです。



Sponsored Links





せん妄と認知症の違い

せん妄の症状の特徴は、ある日突然、夜間に徘徊したり、暴れ出すなどの症状があらわれるということです。

認知症の場合は、徐々に症状が進行するのですが、せん妄の場合は、ある日突然に症状が始まることが多いのです。

その他にも認知症とせん妄の違いとしては、認知症の場合は、1日の中で症状の変化が少ないのに対して、せん妄の場合は、症状の変化があるのが特徴です。

せん妄の症状は、1日の中で状態が良くなったり悪くなったりと変化することがあります。



せん妄とは-症状-原因-高齢者-状態-特徴-画像2

せん妄の原因

せん妄になる原因については、まだ医学的にはっきりと分かっていない部分も多いのですが、せん妄が発症するきっかけについては次のようなことが挙げられます。

●強い精神的ストレス
●生活環境の大きな変化
●精神安定剤や睡眠薬などの服用
●脱水

せん妄は、友人や身内の不幸などの強い精神的なストレスがきっかけで発症することがあります。

または、引っ越しをしたり、何らかの病気で入院したり、生活環境が大きく変化することがきっかけでせん妄が発症する場合もあります。

精神安定剤や睡眠薬の影響によって、一時的にせん妄の症状があらわれることもあります。

さらには、脱水がきっかけで、せん妄の症状があらわれるケースもあります。



せん妄とは-症状-原因-高齢者-状態-特徴-画像1

せん妄の疑いがある場合は・・・

家族にせん妄の症状があらわれた場合は、どのように対応すれば良いのか悩むことも多い思います。

家族にせん妄の疑いがある場合は、まずは医療機関を受診することが大切です。

病院は、精神科医もしくは認知症専門医がいるところを受診すると良いでしょう。

せん妄の原因が生活環境の変化が関係している場合は、環境の調整を行う場合もあります。

また、精神安定剤や睡眠薬などの薬が原因の場合は、医師に相談して別の薬に変えることが望ましい。

夜間に徘徊するようでしたら、ぐっすり眠れるように生活リズムを整えたり、脱水が原因の場合は、水分補給を行うなどの対応が必要です。

せん妄の多くは、回復が見込める病気だと言われています。

ただし、早期に病気を発見して早く治療を行うことが大切です。

高齢者がいつもと違った様子でせん妄が疑われる場合は、病院を受診して専門医に診てもらうようにしましょう。

 
認知症の予防と対策に!高齢者専用サプリメントはこちらです。
「ぼんやり」が「スッキリ」に!フェルラブレインPLUS

せん妄とは?症状と原因!高齢者のせん妄状態の特徴について紹介!



Sponsored Links





おすすめの記事

うつ病の症状は?(30代・40代・50代)女性に急増!診断チェックリストや予防方法を紹介!

片付けられない!(病気・女性・特徴)部屋が片付けられない病「ADHD」とは?

体が熱い!(熱はない・生理前・妊娠初期症状・だるい・病気)女性と男性で熱はないのに体が熱いそれぞれの原因とは?

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

体が痛い原因は?(風邪・更年期・ストレス・熱・だるい)朝起きると体が痛い病気とは?