シミが出来るメカニズムと美白成分の効果!シミを薄くするメラニン排出成分とは?

美白アプローチで大切なことは、紫外線対策だけではなく、出来かかっているシミを少しずつでも薄くしていくことです。

シミの原因はメラニン色素の沈着なので、メラニン排出に役立つ美白成分を活用することが大切です。

今回の記事では、シミが出来るメカニズムと美白成分の種類と効果について紹介します。



Sponsored Links









シミが出来るメカニズム

紫外線や外部刺激により、メラノサイトに「メラニンを作れ」という指令を出し、その情報を受け取ったメラノサイト(メラニン生成細胞)が酵素チロシナーゼ(酸化酵素)を活性化させ、チロシンに作用します。

アミノ酸の一種であるチロシンは、チロシナーゼにより化学反応が起こり、チロシン⇒ドーパ⇒ドーパキノン⇒ユーメラニン(黒色メラニン)へ変化します。

チロシンは白色なのですが、黒色メラニンへと変化してケラチノサイトに蓄積することで、色素が沈着してシミになります。



シミが出来るメカニズム-美白成分-効果-シミを薄くする-メラニン排出-画像

シミを作らないためには

シミ予防やできてしまったシミを少しずつでも薄くさせることにつなげるためには次のような美白アプローチが大切です。

●紫外線をブロックすることで「メラニンを作れ」という指令をストップさせる。

●チロシナーゼの活性を防ぐ。

●チロシナーゼとチロシンの結合を防ぐ。

●チロシナーゼの成熟を防ぐ。

●チロシナーゼの分解を促しメラニン生成を防ぐ。

●黒くなりつつあるメラニンを薄くしていく。

●出来たメラニンを蓄積場所であるケラチノサイトへ移動させないようにする。

●溜まってしまったメラニンを排出する。

●活性酸素を除去して炎症を抑える。



Sponsored Links





美白成分の効果

美白成分には様々な種類があり、その効果もそれぞれ異なります。

たくさんある美白成分の中から代表的な成分をいくつか挙げて、その効果について紹介していきます。

 

<アスコルビン酸(ビタミンC)>

ビタミンCは、チロシナーゼの活性化を阻害し、メラニンが作られるのを防ぎます。

また、ドーパキノンのドーパへの還元作用があり、黒色メラニンを少しずつですが薄くしていく効果があると考えられています。

 

<アルブチン>

アルブチンには、コケモモ、ウワウルシ、梨などの葉に含まる天然のハイドロキノン配糖体である「ベータアルブチン」とハイドロキノンにブドウ糖をアルファ結合で転移させた「アルファアルブチン」があります。

アルブチンの効果は、チロシナーゼとチロシンの結合を防ぐことでメラニン生成を抑制します。

アルブチンは、ハイドロキノンよりも効果が高く、安定性・安全性に優れていると言われています。

ベータアルブチンよりもアルファアルブチンの方がチロシナーゼに対する阻害効果は高いと言われています。

 

<エラグ酸>

エラグ酸は、天然のポリフェノールの一種で、イチゴやザクロ、ベリーなどに含まれます。

エラグ酸の効果は、チロシナーゼの活性を抑制し、メラニンが作られるのを防ぎます。

その他にも抗酸化作用や抗ウイルス作用、美白効果などがあると言われています。



シミが出来るメカニズム-美白成分-効果-シミを薄くする-メラニン排出-画像2

<プラセンタ>

プラセンタは、馬や豚などの胎盤から抽出した成分です。

細胞増殖因子(GF)やミネラル、ビタミン、アミノ酸などを豊富に含んでいます。

その効果は、チロシナーゼの活性を抑制し、メラニン生成を防ぎます。

また、細胞増殖因子の働きにより、細胞分裂や細胞増殖を促す効果もあると考えられています。

そのためターンオーバーの促進や出来てしまったメラニンの排出を促します。

抗酸化作用や抗炎症作用もメラニンケアに役立ちます。

 

<4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)>

4MSKは、酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制します。

また、シミができた部分で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用し、溜まったメラニンを排出します。

メラニン生成抑制とメラニン排出のダブルの効果が期待できます。

 

<トラネキサム酸>

トラネキサム酸は、メラノサイト活性化因子であるプラスミンを阻害し、メラニンが作るための情報伝達をブロックします。

「メラニンを作れ」という指令自体をブロックするため、女性特有の症状である「肝斑」にトラネキサム酸が適していると言われています。

「トラネキサム酸」や「プラセンタ」配合のシミ対策薬用美白オールインワンジェルはこちらです。
薬用美白*オールインワンジェル【ましろっぷ】*メラニンの生成を抑え、新たなシミを作らせないこと


女性特有の症状「肝斑(かんぱん)」

肝斑は、女性特有のシミと言われ、30~40代の女性に多く見られる症状です。

この症状があらわれるメカニズムは、まだ医学的にはっきりと解明されていないことが多く、女性に発症し加齢ととも多くなることから女性ホルモンとの関係が指摘されています。

肝斑のあらわれる場所は、両方の頬など左右対称に発症するのが特徴です。

眼の下や頬、眉間、顎などに点ではなく面で広がるシミがあらわれます。

肝斑は、紫外線を浴びることでメラニンの影響で悪化することがあります。

初めは薄かったシミも紫外線を浴びることで濃くなったり、広がったりすることがあるので紫外線対策が大切です。

シミが出来るメカニズムと美白成分の効果!シミを薄くするメラニン排出成分とは?



Sponsored Links









おすすめの記事

美肌効果の食べ物や美容にいい食べ方!乾燥肌にはビタミンE摂取!

頬の痙攣の原因は?(左・右・目の下・ストレス・頭痛)顔面の片側がピクピクと痙攣する病気とは?

手のひらが痛い!(親指側・真ん中・小指側・骨)手のひらがヒリヒリ痛い原因とは?

お腹がすかない原因は?(病気・胸焼け・つわり・胃が痛い・朝)便秘や下痢を伴う食欲不振とは?

褐色脂肪細胞を活性化!場所は肩甲骨や首の周りに多く存在する!



Sponsored Links