主治医が見つかる診療所 3月14日 尿の泡立ち 腎臓

3月14日の「主治医が見つかる診療所」は
尿で分かる!病気の早期発見SP



Sponsored Links









尿の色やニオイ、泡立ちなど
尿の異常は、腎臓や膀胱の病気以外でも
癌や脳の異常まで知らせてくれるものです。

3月14日放送の「主治医が見つかる診療所」では
病気の前兆となる尿の異常や
腎臓病を予防する身近な食材など
気になる健康情報が満載の番組動画になっています。

さらに番組では
出演者たちが最新の尿検査を体験。
すると出演者の中に異常値が見付かるという検査結果が・・・
慢性腎臓病の初期は、自覚症状がほとんどなく
知らず知らずのうちに病気が進行してしまうケースがあるので注意が必要です。



Sponsored Links





危ない尿の泡立ちの見分け方

3月14日の「主治医が見つかる診療所」では
病気が疑われる危険な尿の泡立ちを紹介。

健康な人でも尿が濃くなれば
排尿中に泡立ちます。
しかし、大抵の場合は
しばらくすると尿の泡はすぐに消えます。
発熱や脱水状態になると尿は濃くなり
泡立ちやすくなります。

病気が疑われる尿の泡立ちは
尿の泡がなかなか消えない場合や
泡が盛り上がる場合は要注意です。

尿の泡がなかなか消えない原因は
尿にタンパクが含まれているからです。
腎臓の機能が弱まると
老廃物をしっかりろ過することができずに
血液中のタンパクが尿に混じって排出されるからです。

腎炎や腎硬化症など
腎臓機能に障害がある時に
タンパク尿がでる場合があります。



主治医が見つかる診療所 3月14日 尿の泡立ち 腎臓 画像

慢性腎臓病(CKD)

3月14日放送の「主治医が見つかる診療所」では
腎臓病の症状について解説。

慢性腎臓病(CKD)は、日本の成人の8人に1人が発症していると言われ
新たな国民病として注目されています。

腎臓の機能は一度失われると
回復しない場合が多く
末期腎不全という状態へ進行していきます。
だからこと定期検診を行い
早期発見、早期治療が重要です。

慢性腎臓病(CKD)は
1つの腎疾患のことではなく
腎臓機能の低下が慢性化する全ての腎疾患のこと言います。
末期腎不全まで進行すると
透析療法や移植手術が必要になります。

慢性腎臓病の初期症状はほとんどなく
病気が進行していくと
貧血、むくみ、息切れ、倦怠感、夜間尿などの症状があらわれます。

このような症状があらわれる時には
すでに病気がかなり進行している場合が多い。
慢性腎臓病は、日々の体調の変化に気をつけているだけでは
早期発見が難しい病気です。
早期発見のためには定期的な
尿検査、血液検査、画像診断などを行うことが重要です。


腎臓に良い食べ物

3月14日の「主治医が見つかる診療所」では
腎機能を助ける食材を紹介。

腎臓に良いと言われている食べ物の特徴は
カリウムを豊富に含んでいるという点にあります。
カリウムは、塩分の摂取量を抑える働きがあり
腎臓に負担をかける塩分の過剰摂取を防ぐ効果が期待できます。

カリウムを多く含む食材として
海苔や昆布、ひじき、もずく、ワカメなどの海藻が挙げられます。

その他にも、腎臓機能の改善に良いと言われるシジミや
スイカやホウレンソウ、ゴマなども腎機能アップが
期待できる食材として知られています。

カリウムが腎臓に良いと言われているからといって
摂り過ぎは良くありません。
慢性腎臓病の食事治療には
塩分制限の他にカリウム制限もあります。
腎臓の機能が低下すると、電解質であるカリウムの排泄も少なくなって
高カリウム血症という状態になります。
普段からバランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

3月14日放送の「主治医が見つかる診療所」は
尿で分かる!病気の早期発見2時間スペシャル

40代からの不調・お悩みに!国産牡蠣エキスサプリメントはこちらです。
【プレミアムオイスター】

主治医が見つかる診療所 3月14日 尿の泡立ち 腎臓

主治医が見つかる診療所HP



Sponsored Links









オススメの記事はこちらです。

主治医が見つかる診療所 3月7日 幸せホルモン「オキシトシン」

ゲンキの時間 3月13日 軽度認知障害(MCI)

世界一受けたい授業 3月12日 春の魚料理

サタデープラス 3月12日 鎌倉・江ノ島 血管若返りの旅

みんなの家庭の医学 3月8日 くも膜下出血 手術



Sponsored Links