みんなの家庭の医学 4月26日 ロコモティブシンドローム

4月26日の「みんなの家庭の医学」は
家庭でできるカラダ検診SP!

脳、呼吸器、足腰、眼など
全身の異常を早期発見するための
自分でできるチェック方法を公開!



Sponsored Links









4月26日「みんなの家庭の医学」の番組内容は

●ロコモティブシンドロームのチェック方法

●誤嚥性肺炎を早期発見!
飲み込む機能が衰えをチェック!

●緑内障を早期発見!
視野チェック方法を公開!

●認知症予備軍「MCI」を早期発見!

など、4月26日の「みんなの家庭の医学」も
健康維持に役立つ情報が満載の番組動画になっています。

病気は、ある日突然あらわれるのではなく
その多くは、発症する以前から
体の中の小さな異常が進行した結果として
病気が発症するのです。

病気になる前のちょっとした体の異変気付くことこそ
早期発見・早期治療に役立つのです。

4月26日放送の「みんなの家庭の医学」では
40代・60代・70代の番組出演者が
実際に家庭でできる検診方法を
スタジオで実践します。



Sponsored Links





ロコモティブ・シンドローム

ロコモティブ・シンドロームとは
運動器の障害によって移動機能が低下した状態を言います。
ロコモティブ・シンドロームの略称が「ロコモ」
和名が「運動器症候群」と言います。

ロコモは、筋肉、骨、軟骨、関節、椎間板といった
運動器に障害が起こり
歩く、立つといった機能が低下している状態です。
症状が進行すると、日常生活に支障をきたし
介護が必要になるリスクが高くなります。

これからの高齢化社会に向けて
高齢になっても自分の足で歩くために
ロコモを予防して健康寿命をのばしていくことが大切です。

4月26日の「みんなの家庭の医学」では
ロコモティブ・シンドロームの検診テストとして
●2ステップテスト
●立ち上がりテスト
の2つの検診をスタジオで実践。

 

<2ステップテストのやり方>

①スタートラインの位置を決めて
そこからできるだけ大股で2歩歩きます。

②2ステップ値を算出します。
2歩幅(cm)÷身長(cm)=2ステップ値

2ステップ値が1.3未満の方は
移動能力が低下していると考えられます。

2ステップテストでは
バランス能力や柔軟性、下肢の筋力などで
歩行能力が評価できます。

 

<立ち上がりテストのやり方>

①椅子に座り腕を胸の前で組みます。

②左右どちらかの足を軽く上げます。

③そのまま片足だけで反動をつけずに
立ち上がり3秒間保持します。

立ち上がりテストでは
下肢筋力とバランス能力などで
決まった高さから立ち上がれるかを判定します。

2ステップテストと立ち上がりテストを行う際には
十分に準備運動をしてからテストを開始してください。
無理をしないように気をつけましょう。



みんなの家庭の医学-4月26日-ロコモティブシンドローム-画像

若い時から運動習慣を心掛けよう

ロコモティブ・シンドロームのテストは
高齢者でなくとも、運動不足の方は
クリアすることができない場合もあります。
ロコモの始まりは
中高年から起こっていることもあるのです。

そもそも骨や筋肉量のピークは20代~30代です。
若いうちに運動する習慣をつけてないと
40代以降になると体の疲れを感じやすくなり
60代以降で思うように体が動かなくなってしまう
可能性があります。

日頃から適度な運動を心掛けて
十分なタンパク質とカルシウムを含んだ
バランスの良い食事を摂るように気を付けましょう。

ただし、2ステップテストと立ち上がりテストを
クリアできなかったという方は
足の筋力が落ちている状態なので
急激な運動ではなく
まずはウォーキングなどの軽い運動から
始めると良いでしょう。

4月26日放送の「みんなの家庭の医学」は
家庭でできるカラダ検診2時間スペシャル!

足腰、脳、呼吸器、眼など
全身の異常を早期発見する
チェック方法を大公開!

みんなの家庭の医学 4月26日 ロコモティブシンドローム

みんなの家庭の医学HP



Sponsored Links









過去に放送された「みんなの家庭の医学」の記事はこちらです。

みんなの家庭の医学 3月22日 腹痛

みんなの家庭の医学 3月8日 くも膜下出血 手術



Sponsored Links