サタデープラス 5月7日 認知症検診

5月7日の「サタデープラス」は
芸能人の認知症検診をお届け!



Sponsored Links









その他にも、沖縄移住暮らしに密着取材や
超人気の観光列車など
気になる話題が満載の番組動画になっています。
なかでも健康情報として
気になる内容は、認知症検診についてです。


軽度認知障害(MCI)

軽度認知障害(MCI)とは
日常生活には支障がない程度の
認知機能の障害を起こしている状態のことです。
この状態は、認知症予備軍とも言えます。

生活に支障がないからといって
MCIを放置してしまうと
認知機能の低下が進み
5年後には50%の人が認知症へと進行すると言われています。
日本人の65歳以上の4人に1人は
MCIと言われています。



Sponsored Links





血液検査

5月7日放送の「サタデープラス」では
最新の認知症検診を紹介。

認知症のひとつであるアルツハイマー病の原因は
脳内にアミロイドベータペプチドが蓄積することで
発症すると言われています。
アミロイドベータペプチドは、発症する20年前から
少しずつ神経細胞にダメージを与えて
認知機能を司るシナプスに障害があらわれると言われています。

アルツハイマー病が発症する原因である
アミロイドベータペプチドは
脊髄液を介して血液で排出されます。
このように脳内に蓄積させない仕組みがあります。
アミロイドベータペプチドを排出して
毒性を弱める仕組みに関わっている
アポリポタンパク質や補体タンパク質、トランスサイレチンがあり
認知症の場合は、これらの数値が低下することが分かっています。
アポリポタンパク質や補体タンパク質、トランスサイレチンの
血中濃度を検査することで
アルツハイマー病やMCIの早期発見に役立ちます。



サタデープラス-5月7日-認知症検診-画像

認知症検査

認知症と脳の血流状態は
深い関係があることが分かっていて
認知症検診に脳血管の血流を調べるSPECT検査というものがあります。
SPECT検査は脳の血流状態を画像にして
調べることができ
脳の機能が低下している部分ところは
血流も低下しています。
SPECT検査では、静脈から放射性医薬品を投与した状態で
体外から撮影する検査です。

一般的な認知症検査は
次のようなものがあります。

・血液検査
・検尿
・生化学検査
・感染症検査等
・脳波検査
・PET
・頭部CTやMRI

脳部のCT検査は
頭部のX線断層写真を撮影するもので
脳の萎縮の程度の他にも
脳内出血、脳梗塞、組織の浮腫などが分かります。

MRI検査でも
脳内出血や脳梗塞、脳の萎縮の程度などが分かります。
CTよりも精密な画像が得られます。

PETとは、ブドウ糖に似た検査薬(FDG)を
体の中に注入して画像化し
血流を調べる検査です。

脳波検査は、脳内を飛び交う電気活動を
調べる検査です。
脳血管障害や脳腫瘍なども診断できます。

5月7日の「サタデープラス」は
芸能人の認知症検診を密着取材!
最新の脳検査を紹介!

サタデープラス 5月7日 認知症検診

サタデープラスHP



Sponsored Links









過去に放送された「サタデープラス」の記事はこちらです。

サタデープラス 氷酢たまねぎ 4月30日

サタデープラス 4月23日 心臓ドック

サタデープラス 4月9日 唾液 名医の健康法

サタデープラス しょうゆ麹 4月2日

サタデープラス しょうゆ麹 4月2日



Sponsored Links