主治医が見つかる診療所 2月1日 うつ病

2月1日の「主治医が見つかる診療所」は
うつ病の予防と早期発見について特集。



Sponsored Links









日本人のうつ病の患者数は111万人以上と言われ
まさに新たな国民病になりうる症状です。
2月1日「主治医が見つかる診療所」の番組動画では
うつ病を経験いた人気お笑い芸人の体験談をもとに
名医がうつ病の早期発見や予防法について解説します。

よくある気分の落ち込みなのか
それとも精神科医による診断が必要なうつ病なのか
その見分けるポイントについても紹介。

うつ病患者数は90年代後半から急増していて
その原因は様々なことが考えれますが
経済問題による将来不安や
うつ病を誘発しやすい現代社会の環境が影響していると考えられています。

社会全体がIT化が進み
1人あたりが処理しなければならない情報量が
増え過ぎているとも言われています。
そもそも人間の脳は数万年前から機能が完成されていて
進化していないにも関わらず
脳に与える情報量だけが多くなっている。
これは脳への負担が増えているとも言えます。

うつ病は心が弱い人がなるという偏見がありますが
誰でもなりうる病気でもあるのです。
2月1日放送の「主治医が見つかる診療所」では
この病気を正しく理解することで
うつ病の予防や早期発見方法を紹介していきます。



Sponsored Links





うつ病の早期発見

うつ病の症状には、個人差があり
発症の前兆として決まった症状がでるわけではありません。
そのため、うつ病のサインを見極めることは簡単なことではない。

うつ病の兆候になる代表的な症状に
「疲れ」や「気分の落ち込み」がありますが
その症状が一時的なものなのか
それとも病気によるものなのかの判断は難しい。
とはいえ、うつ病のサインにどのような症状があるのかを
知っておくことは早期発見に役立ちます。

うつ病の前兆には次のような症状があります。

・疲れやすく体がだるい
・特に朝の時間に無気力になる
・周りの騒音が気になる
・物事に集中できない
・異常な肩こりや首こりがある
・頭痛がひどい
・夜に眠れずに朝早く起きてしまう
・喉の奥に物が詰まった感じがする
・息苦しい

気分が落ち込み、何をやっても楽しくない
疲れやすく日常生活や仕事に支障を感じるなどの状態が
長く続くようでした
早めに医師に相談することが早期治療に繋がります。



主治医が見つかる診療所-2月1日-うつ病-画像

うつ病の種類や特徴

2月1日の「主治医が見つかる診療所」では
人気お笑い芸人のうつ病体験談をもとに
うつ病の症状について紹介。

うつ病の症状には様々なものがありますが
大きく分けて「メランコリー(親和)型うつ病」と
「非定型うつ病」があります。

メランコリー型うつ病になる人の特徴は
真面目すぎて頑固なタイプが多いと言われています。
人間関係や仕事など頑張り過ぎて
ストレスを抱えてしまう傾向があります。

また、物事を悪いように考えれしまう傾向があり
リラックスすることが苦手なタイプでもあります。

非定型うつ病は、別名がたくさんあって
逃避型うつ病・ディスチミア型うつ病・新型うつ病などと
呼ばれることがあります。

非定型うつ病は、自分勝手でワガママだったり
気分屋と周囲の人から思われやすいタイプですが
うつの症状で本人も苦しんでいるという状態です。

症状が酷い時には体が重く鉛のように感じて
起き上がれないということもあり
仕事や日常生活に支障を感じようになります。

また、非定型うつ病の症状は
人間関係や仕事などで嫌なことがあると症状が
起こりやすい傾向があります。
この状態では仮病で嫌なことから逃げている思われがちですが
決してサボっているわけではなく
本人が一番辛い思いをしているのです。

うつ病になりやすい人は
脳内物質のセロトニンが不足している場合があります。
セロトニンは「睡眠の質」と「精神の安定」に深くかかわっています。
セロトニンを補うサプリメントはこちらです。
メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

2月1日放送の「主治医が見つかる診療所」は
うつ病の早期発見と予防法について紹介。

主治医が見つかる診療所 2月1日 うつ病

主治医が見つかる診療所HP



Sponsored Links









オススメの記事はこちらです。

主治医が見つかる診療所 1月25日 家庭血圧

ゲンキの時間 1月31日 長寿県をぶらり長野編

ゲンキの時間 免疫力

ためしてガッテン 足のむくみ 足の疲れ 1月27日

脛が痛い原因は?(内側・外側・病気・歩くと・骨)ランニング中に脛を痛めるシンスプリントとは?



Sponsored Links